イベントを読み込み中

<京都大学フォーラム> コモンズとしての森とレジリエンス

Date
Sep 9th
Time
13:10 - 16:00
Location
Impact Hub Kyoto
Price
Free

人と自然と社会を繋ぐこと―。様々な環境変化の中で「コモンズ」としての地球社会やコミュニティの調和を保ち、発展させていくために、その「繋ぐこと」がますます重要になっています。

本フォーラムでは、私たちの生活に身近な自然である森を通じて、人と自然と社会の関係性を捉え直し、そこから、自分自身やコミュニティの「レジリエンス」(変化する力、柔軟な器量)について共に考え、人間社会と自然の共生の在り方を見直したいと思います。

様々な分野からの研究者・実践者が集結し、それぞれの視点を介して参加者皆様と対話し、「コモンズとしての森とレジリエンス」について多様な気づきを引き出します。(参加無料です)

●プログラム
13:-10 開場、受付
13:30 オープニング
14: 00-15:20 「コモンズとして森とレジリエンス」
◇スピーカー◇
-日置道置(金剛寳山輪王寺住職、一般社団法人 森の防潮堤協会理事長)
-藤原成一(生存科学研究所常務理事、元日本大学芸術学部教授)
-徳地尚子(京都大学フィールド科学教育研究センター副センタ―長、教授))
-清水美香(京都大学森里海連環学教育研究ユニット特定准教授)
15:20-16:00 協働対話「森から学ぶこと、レジリエンスの視点から私たちができること」

【日程】2018年9月9日(日)13:10~16:00
【参加費】無料
【共催】京都大学森里海連環学教育研究ユニット
京都大学レジリエント社会創造研究会
財団法人 生存科学研究所
【協力】京都大学研究大学強化促進事業「百家争鳴プログラム」
【場所】インパクトハブ京都(Impact Hub Kyoto)
京都市上京区油小路通中立売西入ル甲斐守町97番地 西陣産業創造會舘(旧西陣電話局)2階 *公衆電話の横からお入り下さい。(京都市バス堀川中立売下車、徒歩3分。アクセス詳細は、https://kyoto.impacthub.net/access/ へ。)

●登録方法
京都大学フォーラム事務局([email protected])宛てに、
1.お名前、2.ご所属先およびお役職名を明記の上、メールをお送りください。

☆「コモンズとしての森とレジリエンス」の続編として、11月の週末丸1日、美山町にある京都大学芦生研究林にて「森とレジリエンス」学校(フィールドワークXワークショップ)開講予定です。社会人・学生・一般対象、先着順20名限定。

詳細は本フォーラム時に発表します。各イベント告知をご覧ください、または京都大学フォーラム事務局([email protected])にお問い合わせください。

  • Events Calendar

    イベント のカレンダー

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    1イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

    0イベント,

  • See other Events