Sort by:
Find Events

Event Views Navigation

Upcoming Events

Events List Navigation

September 2018

本当の働き方改革と複業 -会社を変え、自分をイキイキさせる-

September 28 @ 19:00 - 21:00
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
NUWp5cDTnLTng7S1535355175_1535355197

労働生産性が22年連続G7最下位の日本で、必要性を感じながら進まない「働き方改革」や「生産性向上」は、どうすれば劇的な変化を起こせるのでしょうか? 今回は、職場と個人の働き方という2つの視点で、新しい価値を生み出している2名の講師をお招きします。 1人は、日本マイクロソフトの職場環境を劇的に変え、社内コミュニケーション、社内変革で成果をあげている澤円さんに、生産性を高める職場づくりについて語っていただきます。ビル・ゲイツが卓越した社員にのみ与えた受賞歴を持ち、「プレゼンの神」と称される澤さんのハイレベルなプレゼンもお楽しみに! もう1人は、複業専門家の若きオピニオンリーダーであり、複業(副業・福業)を日本中に広めているHARES代表の西村 創一朗さんに、複業や多様な働き方について語っていただきます。 「働き方改革」「生産性向上」「新しい働き方」について、ともに考えてみましょう! 講演者プロフィール ・澤円さん 日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 マイクロソフトテクノロジーセンター センター長。立教大学経済学部卒。生命保険のIT子会社勤務を経て、1997年、マイクロソフト(現日本マイクロソフト)に転職。情報共有系コンサルタントを経てプリセールスSEへ。競合対策専門営業チームマネージャ、ポータル&コラボレーショングループマネージャなどを歴任。2011年7月、マイクロソフトテクノロジーセンター センター長に就任。 著書に「外資系エリートのシンプルな伝え方」「世界№1プレゼン術」がある。プレゼンを年250回以上こなし、ビル・ゲイツが卓越した社員のみに授与する「Chairman's Award」を日本人エンジニアとして初めて受賞した経歴を持つ。 ・西村創一朗さん 複業研究家/人事コンサルタント。1988年神奈川県生まれ。大学卒業後、2011年に新卒でリクルートキャリアに入社後、法人営業・新規事業開発・人事採用を歴任。本業の傍ら2015年に株式会社HARESを創業し、仕事、子育て、社外活動などパラレルキャリアの実践者として活動を続けた後、2017年1月に独立。独立後は複業研究家として、働き方改革の専門家として個人・企業向けにコンサルティングを行う。講演・セミナー実績多数。2017年9月〜2018年3月「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」(経済産業省)委員を務めた。 プライベートでは3児の父、NPO法人ファザーリングジャパンにて最年少理事を務める。 〈 Personal Compass Academyとは・・〉 一人ひとりの進路に針路(コンパス)を提供できればとの考えからコンテンツが提供される場です。過去には、Yahoo!アカデミア学長の伊藤羊一さん、コクヨの働き方改革アドバイザーの坂本崇博さん、転職エージェントの森本千賀子さん、元パソナテック取締役の粟生万琴さんをお招きしました。 ▼開催概要 ■日時:9/28(金) 19:00-21:00 (18:30開場) ■場所:Impact Hub Kyoto 京都市上京区油小路中立売西入ル甲斐守町97番地 西陣産業創造會舘(旧西陣電話局) ■参加費:HUB会員:1500円 、 一般: 3000円 ■申込方法 https://goo.gl/19pw8u ■主催(問合せ先):Impact Hub Kyoto 075-417-0115 / info@impacthubkyoto.net ■司会進行:小室勝裕

Find out more »

Kyotango Hack プレワークショップ①「モビリティ× 地域活性化」 -鉄道会社、ビッグデータ、行政の観点から考える-

September 29 @ 13:00 - 16:00
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
zcpM49w3YuI2rLQ1536558246_1536558269

全国の地域で課題になっている農業、食、観光というテーマを、テクノロジーの力で解決したい。「Kyotango Hack」では、このミッションを掲げ、今年は京都府北部の京丹後地域に焦点をあててプレワークショップとハッカソンを開催します。 今秋11月23-24日には、京都丹後鉄道の特別列車を貸し切り、1泊2日の「ハッカソン列車」(仮名)を京丹後で開催! 9-10月は、ハッカソンをより楽しみ、そのアウトプットを高めるために、様々なセクターのキーパーソンをお招きした事前学習と交流を行うプレワークショップを京都市内で複数回実施します。今回の案内はその初回です。 ◎Vol.1「モビリティ × 地域活性化」 ▼テーマ 「京都丹後鉄道を利用して、周辺地域をどのように活性化させるか?」 ▼背景の説明 多様な交通施策を活用し、個人や組織、地域のモビリティ(移動状況)が、社会にも個人にも望ましく変化することを、私たちは「モビリティ改革」として、地域活性化のためには重要だと考えています。 そのためには、多様なステークホルダーの参画が必要です。そこで今回、3つの異なるセクターからゲストをお招きしました。 京都丹後鉄道を運営するWILLER株式会社からはモビリティに関わる現場の課題や展望について。株式会社Agoopからはビッグデータから見えるモビリティの可能性について。そして京都府政策企画部からは、「行政のモビリティーへの取り組みについて話題を提供してもらい、ディスカッションを深めていきます。 *重要* 下記の申込ページから参加表明をお願いします。 https://goo.gl/82tKce ●ゲスト1:昆野彩さん WILLER株式会社 営業企画部主任 2013年WILLER(株)へ入社 WILLERのバスとセットの商品の企画・仕入れ・開発を担当 ディズニーのツアーや、USJの商品を担当 2017年よりWILLER TRAINS(株)へ出向 現在は、WILLER TRAINSの広報、WEBページの制作・管理、SNS、システム開発、商品開発など広範囲で業務を担当。 ●ゲスト2:柴山和久さん 株式会社Agoop 代表取締役社長兼CEO / ソフトバンク株式会社 ビッグデータ戦略本部 本部長 2003年:ソフトバンクBB株式会社に入社。地理情報システム(GIS)を活用したデータ解析システムの企画開発に従事。 2009年:ソフトバンクグループの一員として株式会社Agoopを設立、取締役に就任。 2012年:スマートフォンから位置情報を収集して分析、ネットワーク品質向上システムを構築、ソフトバンクモバイルのネットワークの改善に貢献。 2013年:株式会社Agoopの代表取締役に就任。 ●ゲスト3:村尾俊道さん 京都府政策企画部副部長 昭和60年名古屋工業大学土木工学科卒業後、京都府入庁。 働きながら同志社大学大学院総合政策科学研究科、京都大学大学院工学研究科博士課程に学び工学博士を取得。技術士(都市及び地方計画) 京都府庁では、道路整備課、都市計画課、企画参事(計画担当)勤務等を経て、政策ベンチャー事業として交通需要マネジメント(TDM)事業を交通対策課に立ち上げ、モビリティ・マネジメントを積極的に展開。 平成24年から交通政策課長として北近畿タンゴ鉄道の上下分離を主導し、平成27年建設交通部理事、平成28年交通基盤整備推進監を歴任。今春より、政策企画部副部長として府政経営全般に取り組んでいる。 ●モデレーター:笠原秀一さん 京都大学学術情報メディアセンター特任講師 ITコンソーシアム京都 観光情報基盤部会 部会長代理 2006年青山学院大学大学院国際マネジメント研究科(MBA)修了. ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC 株式会社(現IDC フロンティア株式会社),株式会社ウィルコム(現ソフトバンクモバイル株式会社) 等で経営企画,新規事業開発に従事. 2011年より京都大学情報学研究科博士課程後期編入.2014年指導認定退学.2016年博士(情報学). 2014年より美濃研究室で観光の情報化、サステイナブルオーシャンに関する研究等に従事.2016年研究員.2017年特定講師.   ◎こんな人におすすめ ✔️ ハッカソン・アプリ開発・IoTに興味がある ✔️ 地方創生・地方移住・社会貢献に関心がある ✔️ 起業や自分のアイデアを形にしてみたい ✔️ 京丹後や地方のローカルビジネスに興味がある ✔️ 農業、インバウンド観光、地域おこしに興味がある ◎第1回プレワークショップ開催概要 ・日時:2018年 9月29日(土)13:00-16:00 ・会場:Impact Hub Kyoto 地下鉄「今出川」「丸太町」駅から徒歩15分 京都市上京区甲斐守町97 西陣産業創造會館2階 ・参加費:一般1000円、HUB会員無料、学生500円 ・申込:https://goo.gl/82tKce から、参加表明をお願いします。 ・問合わせ:075-417-0115 info@impacthubkyoto.net ・主催:共創ラボ…

Find out more »
October 2018

スカイマーク会長・佐山展生さん登壇!! 人生は「面白そう」を追求する旅 ハートのある経営とは?

October 5 @ 19:00 - 21:00
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
oG8VhCiSMdKtbtW1537260802_1537260833

佐山展生さんはまだ転職が極めて珍しい時代に製造業から銀行に移り、そして投資ファンドが日本でまだ名を知られていない頃に創業。下記プロフィールにある以外にも、関西では阪急・阪神経営統合の際に阪急側の財務アドバイザーを務められ、最近ではスカイマーク航空に投資し、代表取締役会長を務めています。 投資ファンドがいろいろある中、利ザヤを確保して売り抜けるのではなく、投資先の企業とそこで働く社員のみなさんを大切にする「ハートのある経営」を信条にしている「日本型投資ファンド」が特徴的です。 またSNSで積極的に発信する日々を過ごしています。 こうした生き方を「人生は面白そうを追求する旅」と題し、講演して頂きます。是非ご参加下さい。 *希望者は、https://goo.gl/19pw8u よりお申し込みください。 ▼佐山展生さんプロフィール 洛星高校、京都大学卒業後、帝人に入社。10年ほど勤務後、三井銀行(現三井住友銀行)に転職。米国を中心とした海外企業の買収案件を多数成約させた他、1997年に日本のM&A業界において前例のない 大型倒産企業のM&A案件の日債銀(現 あおぞら銀行)子会社で当時最大の1兆円を越す負債を残して破産したクラウン・リーシングの営業譲渡を成約。約3,000億円の不良債権を日本で初めてのバルク入札により 約3カ月で売却。1998年には大倉商事の破産事件にも関与し、日本の倒産企業のM&Aの先例となる。 1999年には実質的に日本で初めての大型バイアウト・ファンド、ユニゾン・キャピタルを共同立ち上げ。 2004年にM&Aアドバイザリー会社のGCAGCAを共同創業。2005年に当時過去最大のMBO案件であるワールドMBO非公開化、2006年阪急阪神統合など日本のM&Aにおけるランドマーク案件多数を手懸ける。2006年には、GCAを日本で初めてのM&Aアドバイザリー企業としての上場を果たす(東証マザーズ)、2012年には東証1部に指定替え。 2007年にインテグラルを共同設立後、これまで17社に投資し、今年の3月20日には工事の足場メーカーの信和を東証2部、3月23日にはQBハウスのQBネットホールディングスを東証1部、そして4月11日にはFastNailのコンヴァノをマザーズに上場。 2015年9月には、民事再生手続き中のスカイマークに50.1%、90億円投資し、代表取締役会長に就任、2017年度は、定時運航率93.1%と12社中日本一を達成した。 〈 Personal Compass Academyとは・・〉 一人ひとりの進路に針路(コンパス)を提供できればとの考えからコンテンツが提供される場です。過去には、Yahoo!アカデミア学長の伊藤羊一さん、コクヨの働き方改革アドバイザーの坂本崇博さん、転職エージェントの森本千賀子さん、元パソナテック取締役の粟生万琴さん、日本マイクロソフトテクノロジーセンター長の澤円さん、複業研究家の西村創一朗さんをお招きしました。 ▼開催概要 ■日時:10/5(金) 19:00-21:00 (18:30開場) ■場所:Impact Hub Kyoto 京都市上京区油小路中立売西入ル甲斐守町97番地 西陣産業創造會舘(旧西陣電話局) ■参加費:HUB会員:1500円 、 一般: 3000円 ■申込方法:https://goo.gl/19pw8u ■主催(問合せ先):Impact Hub Kyoto 075-417-0115 / info@impacthubkyoto.net ■司会進行:小室勝裕 ---------------------------------------------------------------- Impact Hub Kyotoは、世界100都市以上のネットワークを持ち、 社会的インパクトのあるコラボレーションの創出を目的に生まれた 会員制のコワーキングスペース・レンタルスペースです。 HP → http://kyoto.impacthub.net/ ----------------------------------------------------------------

Find out more »

Kyotango Hackプレワークショップ ②「国際観光 × 地域おこし」- 新しいインバウンド観光の実践事例から考える –

October 6 @ 17:00 - 19:30
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
eX8F3RtmA0KLLKW1536806211_1536806235

全国の地域で課題になっている農業、食、観光というテーマを、テクノロジーの力で解決したい。「Kyotango Hack」では、このミッションを掲げ、今年は京都府北部の京丹後地域に焦点をあててプレワークショップとハッカソンを開催します。   今秋11月23-24日には、京都丹後鉄道の特別列車を貸し切り、1泊2日の「ハッカソン列車」(仮名)を京丹後で開催! 9-10月は、ハッカソンをより楽しみ、そのアウトプットを高めるために、様々なセクターのキーパーソンをお招きした事前学習と交流を行うプレワークショップを京都市内で複数回実施します。   ◎Vol.2「国際観光 × 地域活性化」 ▼お題 「インバウンドの外国人観光客に、京丹後でどのような体験をしてもらうと良いか、地元住民も参加できる新しい体験や取り組みを考える。」   ▼背景の説明 外国人観光客を招致するインバウンドビジネスが注目を集めています。今回は、実際に京丹後や京都北部地域で国際観光に携わっているアクターをゲストに招き、これからの国際的な観光客をターゲットにしたインバウンド観光のあり方についてディスカッションします。外国人観光客の受け入れについて、実際に起きている地域の課題、阻害要因、その可能性について考えてみましょう。   *重要* 下記の申込ページから参加表明をお願いします。 https://goo.gl/82tKce   ●講師プロフィール ・中山慶さん(一般社団法人里山デザイン インバウンド事業担当) 1983年愛知県生まれ 通訳案内士、同時通訳者、編集者 世界一周クルーズの同時通訳や旅行会社の編集者・添乗員で訪れた国は80カ国以上、2013年 東京より京北に移住。DISCOVER ANOTHER KYOTOのサービスを立ち上げる。 2016年、京都信用金庫「京の起業家大賞・最優秀賞」授賞。 語学:英語(同時通訳者、通訳案内士、英検1級)、中国語(HSK6最高級保有) また、スペイン語やフランス語も中級程度、現在はロシア語も学ぶ ・長瀬啓二さん(TANGONIAN代表) 京都府京丹後市網野町出身 京都外国語大学英米語学科卒 大学在学中にオーストラリアへ留学 大学卒業後は、中学校英語教員、 (福)京丹後市社会福祉協議会、WILLER TRAINS(株)、(一社)豊岡観光イノベーションに勤務 2018年1月、外国人旅行者へローカルならではの出会いと体験の提供、おも てなしをサポートする“Tangonian”を設立   ◎こんな人におすすめ ✔️ ハッカソン・アプリ開発・IoTに興味がある ✔️ 地方創生・地方移住・社会貢献に関心がある ✔️ マーケティング、デザイン、プロダクトの製作に興味がある ✔️ 起業や自分のアイデアを形にしてみたい ✔️ 京丹後や地方のローカルビジネスに興味がある ✔️ 外国人観光、商品やサービスの開発、地域おこしに興味がある   ●開催概要 ・日時:2018年 10月6日(土)17:00-19:30 ・会場:Impact Hub Kyoto  地下鉄「今出川」「丸太町」駅から徒歩15分  京都市上京区甲斐守町97 西陣産業創造會館2階 ・参加費:一般1000円、HUB会員、学生500円 ・申込:https://goo.gl/82tKceから、参加表明をお願いします。 ・問合わせ:075-417-0115 info@impacthubkyoto.net ・主催:共創ラボ CO-LAB Kyoto ・共催:一般社団法人tsuchica、一般社団法人里山デザイン、WILLER TRAINS株式会社、一般社団法人Impact Hub Kyoto ・Special Thanks!! :NPO法人グローカル人材開発センター、GDG京都、京都府、TANGONIAN ほか   ●プレワークショップについて ・第1回「モビリティ…

Find out more »

Kyotango Hackプレワークショップ③「農業 × 地域活性化」- 農業の資源を利用して循環型経済モデルを考える –

October 12 @ 19:00 - 21:30
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
SESV7SgWSUPMHTU1536823633_1536823646

全国の地域で課題になっている農業、食、観光というテーマを、テクノロジーの力で解決したい。「Kyotango Hack」では、このミッションを掲げ、今年は京都府北部の京丹後地域に焦点をあててプレワークショップとハッカソンを開催します。 今秋11月23-24日には、京都丹後鉄道の特別列車を貸し切り、1泊2日の「ハッカソン列車」(仮名)を京丹後で開催! 9-10月は、ハッカソンをより楽しみ、そのアウトプットを高めるために、様々なセクターのキーパーソンをお招きした事前学習と交流を行うプレワークショップを京都市内で複数回実施します。(詳細リンクは最下部にあります) ●Vol.3「農業 × 地域活性化」 ▼お題 「京丹後の農地では、現在人手が足りていません。そこで、京丹後の農地で循環型経済を実施したエコシステムを考えてください。」 ▼背景の説明 農業は人手不足により衰退の一途を辿っており、京丹後に限らず世界中で同じ問題を抱えています。そこで今回は、循環型経済のモデルを利用した解決方法の可能性を考えていただきます。循環型経済とは、規格外の野菜の廃棄が抑制されるなど、製品が循環資源となって利用されることが促進され、環境負荷が低減された経済モデルのことを言います。地域農業における循環型モデルの活用の可能性とその阻害要因について、京丹後にある様々なリソースや事例を参考にして考えてみましょう。 *重要* 下記の申込ページから参加表明をお願いします。 https://goo.gl/82tKce ●講師 ・岡村 芳広さん(一般社団法人Tsuchica 代表理事) 双子が生まれたのを機に、6年間駐在していたシンガポールより家族で帰国。現在は I ターンで京丹後に移住し、シェアオフィスを運営。シェアオフィスの仲間と一緒に「新しい働き方」や「次世代に対応した教育」の実践を通して地域再生、日本再生を推し進めることが生業。モットーは、人づくりは国づくり。 農業にも本格的に取り組み、持続可能性や健康を考慮した循環型経済の構築を目指している。新産業モデルの構築のために、移住促進だけにこだわらず、二拠点居住や関係人口を増やしていきたいと考え、2017年10月に教育、移住、観光事業をメインとした一般社団法人Tsuchicaを設立。オカモノヤシキ(岡村再生工場)やサカタノヤカタを丹後地域や日本を元気にしていくための日本再生モデルのラボとして活用していこうとしている。 ・関 奈央弥さん(丹後バル代表) 管理栄養士。京丹後市網野町出身。 高校まで続けていたサッカーの影響でスポーツ栄養に興味を持ち、大学で栄養学を学ぶ。大学在学中に「食育」分野に興味を持ち、卒業後は東京都の小学校で5年間栄養士として勤務。子ども達に日々食育を行う中で、「丹後の食の豊かさ」に可能性を感じ、仕事の傍「丹後バルプロジェクト」を立ち上げる。 その後、京都市内の株式会社カンブライトにて缶・瓶詰等の商品開発・製造に従事し、2018年7月より地域おこし協力隊として、丹後へ。 現在は、地域おこし協力隊の仕事に加え、丹後の食環境を生かした食育事業及び、管理栄養士としての専門性を活かしたファスティング(断食)サポートに取り組んでいる ●開催概要 ・日時:2018年 10月12日(金)19:00-21:30 ・会場:Impact Hub Kyoto 地下鉄「今出川」「丸太町」駅から徒歩15分 京都市上京区甲斐守町97 西陣産業創造會館2階 ・参加費:一般1000円、HUB会員・学生無料 ・申込:https://goo.gl/82tKce から、参加表明をお願いします。 ・問合わせ:075-417-0115 info@impacthubkyoto.net ・主催:共創ラボ CO-LAB Kyoto ・共催:一般社団法人Tsuchica、一般社団法人里山デザイン、WILLER TRAINS株式会社、一般社団法人Impact Hub Kyoto ・Special Thanks!! :NPO法人グローカル人材開発センター、GDG京都、京都府、TANGONIAN ほか ◎プレワークショップについて ・第1回「モビリティ × 地域活性化」:9月29日(土)13:00-16:00 → 第1回WS: https://goo.gl/438kbn ・第2回「国際観光 × 地域活性化」:10月6日(土)17:00-19:30 → 第2回WS: https://goo.gl/eF1nzV ・番外編「京丹後未来ラボ」:9月21日(金)19:00-21:30 in 京丹後 → 「京丹後未来ラボ」: https://goo.gl/9yNJqr ◎ハッカソン「Hack In Kyotango Camp(仮名)」について 京丹後鉄道の貸切列車を使って行う1泊2日のハッカソンです。今回のプレワークショップで取り上げたテーマを中心に扱います。11月23-24日の開催を予定しており、詳細はHP、Facebookにてお知らせいたします。 #ハッカソン #京丹後 #地域活性化 #農業 #地方創生 #IoT…

Find out more »

ぼくも私もラスキンだ! – 21世紀のアートの意味を、声と身体と手を使って探る読書会 –

October 14 @ 14:00 - 17:00
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
cgfq2Xdk3ZYyYVG1535528820_1535528833

「No Music, No Life」とはちょっと前の広告のうたい文句ですが、確かにアートのない生活は誰も考えられないはず。 でもどうしてアートは生きていくうえでそんなに大切なんでしょうか。 アートは心と身体をつなぐユニバーサルな言語だから? アートは「ことば」を超えた様々な表現形式を与えてくれるから?   こんなとても基本的だけれど、とても大切な問いを、ジョン・ラスキンや彼の周りの人々の「言葉」を「からだ」を使って読み解くことで考えてみましょう。 ラスキンや彼の周りのアーティストたち、思想家たちの言葉(手紙や本からの引用、講演からの引用)を声に出して、彼らになりきって演じてみることで、どんな世界が見えてくるでしょうか。ラスキン先生の言うとおりに描いてみるとどんな景色が見えてくるでしょうか。 今回の読書会は、「読む」だけではなく、声に出す、身体を使う、描いてみることで体当たりでラスキンの世界に入り込んでみます。 案外思ってもみないラスキンが立ち現れるかもしれません。そのうえで、再び21世紀におけるアートの意味を考えてみましょう。 演劇経験なんかゼロ、恥ずかしがり屋だけど、ラスキンが少し気になるという皆さんの参加をお待ちしています。   ◉読書本 『ジョン・ラスキンの労働者教育――「見る力」の美学』(慶應義塾大学教養研究センター選書 18) https://amzn.to/2of9TMX   ◉ファシリテーター 横山千晶(慶応大学教授) 慶應義塾大学法学部教授。普段は大学で英語やイギリス文化を教えています。また毎週火曜日に横浜市中区と南区のちょうど境目のかどで「カドベヤで過ごす火曜日」という居場所を運営しています。(https://ameblo.jp/kadobeya2010/)「自分を表現すること」と「皆で食べること」という2本の柱を中心に、共に語り、つながり、本当に些細だけれど、大切な何かを起こしていく小さな場所です。「生きていくことそのものが創造的な営みだ。」モリスやラスキンのこんな教えが私のモットーです。   ◉開催概要 ・日時:2018年 10月14日(日)14:00-17:00 ・会場:Impact Hub Kyoto 地下鉄「今出川」「丸太町」駅から徒歩15分 京都市上京区甲斐守町97 西陣産業創造會館 ・参加費:第1部:一般2000円、HUB会員1000円 茶菓子つき 終了後、懇親会もご用意しております。 ・申し込み:https://ruskin2.peatix.com このページより事前申し込みです ・問合わせ:075-417-0115 info@impacthubkyoto.net ・主催:Impact Hub Kyoto 共催:Ruskin in Japan実行委員会 協力:The Guild of St.George   *第3回めは、12月に編集家の紫牟田伸子さんを講師に招いて開催予定です。

Find out more »
+ Export Listed Events