185ab38d9bc81d50a02b6093e78c1111

Events

ホモ・デウス -テクノロジーとサピエンスの未来- ABD読書会(全2回)

世界的ベストセラー『サピエンス全史』では、人類が文明を築き、世界を征服した鍵は、虚構を集団で信じるホモ・サピエンスの能力にあることを解き明かしました。前作を受けた『ホモ・デウス』は、テクノロジーの発展によって、人類がホモ・サピエンスからホモ・デウス(神のヒト)へとアップデートしていく未来を描き尽くし、世界を騒然とさせている話題の最新作です。

—————————————————————-
「第1章 人類が新たに取り組むべきこと」より
三〇〇〇年紀(西暦二〇〇一〜三〇〇〇年)の夜明けに、人類は目覚め、伸びをし、目を擦る。 恐ろしい悪夢の名残が依然として頭の中を漂っている。
「有刺鉄線やら巨大なキノコ雲やらが出てきたような気がするが、まあ、ただの悪い夢さ」 人類はバスルームに行き、顔を洗い、鏡で顔の皺を点検し、コーヒーを淹れ、手帳を開く。 「さて、今日やるべきことは」
—————————————————————-

いまだ、多くの国の政治家や経済界のリーダーは飢饉、疫病、戦争をいかに防ぐのかに注力し続けないといけなかった。 しかし、いよいよ、人類は目を上げ、いよいよ新たな地平を見遣ることができる。21世紀初頭の世界を眺め、今後しばらくの間、人類は何にどう取り組むべきなのか、それをこの本では描いています。

ABD読書法は、分厚い本でも複数人で分担して読み、内容を共有することができるので、読書に不慣れな方でも楽しめる大変ユニークな読書法です。この話題の本を読み、これからの世界の動きを大局的につかんでみませんか?

▼『ホモ・デウス』の紹介

https://goo.gl/NPU2nx

▼著名人書評
「ハラリの新著は『サピエンス全史』同様にチャレンジングで面白い。『サピエンス全史』のように過去を振り返るというよりも、未来を見据えている。著者の主張のすべてに同意できるわけではないが、彼は人類にとって何が待ち受けているのか、思慮深い考察を著している」
-ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)

「人類史と先端テクノロジーを見事に融合した傑作」
-佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)

—–【 重要 】————————————————
★申し込みは、こちらのページからの事前予約制となります。
参加日程を書いて、お申し込みください。
申込ページ:https://goo.gl/ByB9Mx
————————————————————–

▼ABD読書法とは? →参考ページ:http://www.abd-abd.com
1冊の本を
・参加者が分担して読む。
・読んだ内容を数枚の紙に書く。
・読んだ内容をみんなでリレーしてプレゼンして説明しあう。
・深掘りしたいことを考え、関心が共通する参加者同士で語り合う。
と様々なアプローチで本の内容に触れられる読書法です。読む活字は少なくても、みんなで対等に読めます。
*ご注意:事前に対象本を購入、読む必要はありません。(購入して読んで頂いても構いません)

▼開催概要
■日時: 前編:10/19(金) 19:00-21:45 (18:30開場)
後編: 11/9(金) 19:00-21:45 (18:30開場)
*10/19に上巻を、11/9に下巻を扱います。
*1日のみの参加でも大丈夫です
■場所:Impact Hub Kyoto 2F
京都市上京区油小路中立売西入ル甲斐守町97番地
西陣産業創造會舘(旧西陣電話局)2F
■参加費:HUB会員:無料(各回) 、 一般: 2,000円(各回)
(飲み物とスナックをご用意します)
■申込方法
以下のページからお申し込み下さい
https://goo.gl/ByB9Mx
■主催(問合せ先):Impact Hub Kyoto
075-417-0115 info@impacthubkyoto.net
◼︎司会進行:小室勝裕

—————————————————————-
Impact Hub Kyotoは、世界100都市以上のネットワークを持ち、
社会的インパクトのあるコラボレーションの創出を目的に生まれた
会員制のコワーキングスペース・レンタルスペースです。
HP → http://kyoto.impacthub.net/
—————————————————————-

Back to all Events

Event Organizers

Impact Hub Kyoto

Date & Time

November 9 | 19:00 to 21:45

Location

Impact Hub Kyoto

SEE IT ON GOOGLE MAPS

Updated on 03 October 2018