Generation Impact Fellowshipでは、8月末の国内選考会(アジア大会に出場するファイナリストを選出)に向けて6月から約3ヶ月間、参加者(一次選考通過者)の事業/アイデアをブラッシュアップしていくためのNational Boot Campをオンラインで実施していきます。

 第1回目のIntro Session(6月13日実施)では、一次選考を通過した8名がはじめて一同に顔を合わせ、Storytellingをテーマに各自の事業/アイデア紹介のプレゼンを実施しました。京都のみならず、東京、栃木、山梨、広島、大分から社会課題解決ビジネスに挑戦する志や創りたい社会、チャレンジポイントについて語り、参加者相互にフィードバックしあう熱い時間となりました。

 

6月17日には、他の8都市(ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、プノンペン、台北、上海、ヤンゴン、ワイカト)のGIF参加者と合同で、「Aligning with the Sustainable Development Goals」(SDGsに沿って)」をテーマに、SDGsの理解を深めるセッションを実施しました。

ゲスト講師は、ニュージーランドでSDGsの普及に取り組むBridget Williamsさん(Founder and CEO,Bead and Proceed)。元・弁護士で、クライストチャーチ市議会コミュニティ委員会の最年少選出メンバーの一人、世界経済フォーラムGlobal ShaperでもあるBridgetさんから主に(1)SDGs採択背景(2)MDGsとの違い(3)SDGsで大事なエッセンスについてお話いただきました。

GIFでは、7月以降もアジア合同でのセッションを織り交ぜながら、National Boot Campを実施予定です。

Impact Hub Asia Pacific全体で学び合い、成長していくコミュニティの姿を随時レポートしていきます。どうぞお楽しみに!!

hubkyoto