48日から14日にかけて開催されたImpact Hub Global Gathering 2019の様子を、2回に分けてご紹介します。
第一回となる今回は、前半(48―411日)のStrategy Retreatの模様をお伝えします。

 

2019年の開催地は、ブラジル、フロリアノポリス(通称, FLORIPA)地球のほぼ裏側で行われたギャザリングに、並木(Program Manager)、行元(Business Development Manager)の二人で参加してきました!
(昨年のギャザリング報告はこちら)

 

フロリアノポリスは、サンパウロから飛行機で南に一時間ほどのサンタカタリーナ島とブラジル本土の一部にまたがる、人口約28万人の街です。ビーチ、ラグーン、山林、砂丘と自然の豊かなこのサンタカタリーナ島は、海外旅行客のみならずブラジルの人々にとってもリゾート・アイランドとして親しまれています。

 

――1日目――

Strategy Retreatの初日は、新人AREP(Association Representative)向けのセッションから始まりました。Impact Hub GlobalImpact Hub Companyといった世界100か所超のHUBを取りまとめる仕組みや、4日間の日程が説明されました。

小休憩をはさんで、広域地域ごと(アジア・パシフィック、ラテンアメリカ、ヨーロッパetc.)に分かれてRegional Meetingの開催。アジア地域に新しくニュージーランド・ワイカトが加わり、アジア・パシフィック地域として国を越えた交流やプロジェクトを進めることについて議論しました。

 

――2日目――

セッション開始前に湖畔の公園に繰り出し、ブラジリアンミュージックとダンスで一体感を高めます。

その後、会場にもどり今年一年のHUB Makersの行動指針となるMakersManifesto2019を題材にそれぞれの参加者のパーソナル・ストーリを共有したあと、海岸に出てチーム・ストーリを作り、作品として表現・展示しました。

  

後半は、翌日に開催されるGeneral Assembly(総会)の動議や、Impact Hub Globalの理事メンバーの選挙について説明と質疑が行われました。

 

――3日目――

朝は、ハイキングからスタートし、歩きながらそれぞれの30年後の生き方・働き方を想像し、山頂でシェア。下山後は、2030年のImpact HubImpact / Business Model / Governanceの3つについて、グループに分かれてディスカッションし、一同で共有しました。

  

  

午後は、本ギャザリングのメイン・セッションであるGeneral Assemblyです。各トピックについて、じっくりと議論をしたあとオンラインで投票が行われました。

 

――4日目――

4日目は、丸一日かけて、Impact Hub Globalで現在動いているプロジェクトや、ガバナンス、Huberコミュニティ活性化について、ワーキンググループに分かれて知恵を出し合いました。会場は、レストラン、バー、レセプション、プール()とホテル内の施設をジャックしながら、活発な議論が繰り広げられました。私が参加したグループで最も話し合いが盛り上がったのは、Impact Hubのビジネスモデルの拡張をしていく際に、どう各HUBHUB全体のミッションと整合性をとっていくか。すでに大きなコミュニティと複数のスペースを運営しているHUBの事例などを参照しながら、都度ミッションに立ち返り、フェーズに合わせてアップデートしていくことの重要性を共有しました。

 

 

夜はビーチ沿いのレストランで、交流会と表彰式。今年最もコミュニティを拡大したHUB、ビジネス開発を行ったHUB、最もHUBコミュニティに貢献したMakerの表彰が行われました。

後半は、Makers Festivalの模様についてお届けします!

(執筆者:並木)

impact hub kyoto