11月10日には、「NION the Berlin 創業メンバー来日特別交流会」をImpact Hub Kyoto2階にて開催しました。

 

image2

 

NIONとは、「Berlinにもっと日本を!」をキーワードにドイツ、ベルリンにて活動されている組織で、今回はベルリンから創業メンバー5名が来日。Impact Hub Kyotoでは、特別招待制で日本の伝統工芸や芸術、学術分野でベルリンを起点に欧州で何かをやってみたいという企業、職人さん、それをサポートするデザイナーやプロデューサー、アーティストグループなど15名近くの方を厳選してご招待し、活動の紹介とネットワーキングの場を提供しました!

 

image1

 

NIONでは、ベルリンの壁があった近くの45,000平米の土地の一角(東京でいうところの新宿と原宿のようなエリア)に日本の様々なモノやコトを盛り込んだ「21世紀型日本人街」を作る構想があるそうです。日本のアートや工芸の販売をはじめ、職人さんであったり、銭湯や道場まで併設された壮大な施設だそう。

 

image1

 

今回はその施設への日本側の協力者を募る目的もあって、京都で交流会を企画しました。

ドイツと日本は気質的にも似通った面があったり、日本への関心も高いそうなので非常に有望だと思われます。興味のある方は今後のNIONの活動にご注目されてはいかがでしょうか?

Web:nion.berlin

 

image2 2

 

イベント終了後は交流会が行われ、その後はHUBの外で二次会を行いました!

インターナショナルな雰囲気の中で、とても有益な時間を皆様過ごされたようでした。

asada

asada

Impact Hub Kyoto の企画づくりと触媒となるコーディネーター。
アニミズムの研究をはじめ、人類の進化や普遍的なもの、社会を良くするためのエコシステムの構築と探究がテーマ。