What is Impact Hub Kyoto?

Dōjō for Change.  — 自ら変化の渦であれ —

Impact Hub Kyotoは、いまの社会、世界を変えたいと強く欲する人たちが集い、学び合い、新たな行動を起こす場所です。しかし、社会や世界を変えるためには、まず何よりも自分自身が変わらなければ、持続可能なインパクトも生まれません。そこでImpact Hub Kyotoは「社会の変革」「人と自然との関係の変革」とともに「自分自身の変革」を促します。自分の身体とこころを調え、生きるエネルギーを存分に発揮して自ら変化の渦となる。そしてこの三つの変革が渦巻きあうところで、これまでにない新しい道、Art of Livingを共に創り出したい。そのArt of Livingを極める「道場」こそ、Impact Hub Kyotoです。

 

 

 

 

 

 

Impact Hub Kyoto からのお知らせ




コワーキングスペースには「Montague Booksellers」という本屋さんも併設されています

montagbooksellers

Impact Hub Kyotoの中の本屋さんならではの選書と美味しい珈琲をいれてお待ちしておりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。
http://montagbooksellers.com/



移転のお知らせ

西陣産業創造會舘

Impact Hub Kyotoは、2016年4月1日より京都市上京区の西陣の地へ移転いたします。皆さまには、3年間にわたって鞍馬口の旧会所を愛していただき、 誠にありがとうございました。

移転先は、「西陣産業創造會館」(旧「NTT西陣電話局」)という新たな名称のビジネスインキュベーション施設の2Fと3Fになります。 この建物は大正10年の建築で、登録文化財でもあるため大変趣きのある場所です。

私たちは、この移転のプロジェクトを “Reborn” と名づけました。生命体が何度も脱皮しながら成長していくように、HUB Kyotoにも新たな命が吹き込まれたことでしょう。 どうぞ新生HUBもよろしくお願いいたします。

詳しいアクセス情報はこちら


Meaningful Content

気づきや創意あふれるイベント

時流にあおられず、物事の本質を探求できる京都で、いまの社会を変え「もう一つの世界」を創り出すために、気づきや創意あふれるイベントや講座を企画します。メンバーたちが時間をかけて互いの志・感性を深め合う機会をより重視して、主に(1)新しいコミュニティの形を探るもの、(2)自分の心身を調えるもの、(3)プロジェクトを育むもの、(4)各自の活動のヒントや知的刺激を得るためのもの、という4種類のプログラムを構想しています。

Vibrant Community

誰もが歓迎されるコミュニティ

千年以上の深い文化と現代的な感性が巧みに融合する京都にあって、Impact Hub Kyotoは、多彩な分野、多様な年代の独自性ある人たちが出会い、渦巻き、磨き合う台風の目のようなコミュニティを目指します。年齢・国籍・肩書きを問わず、誰もが歓待され、各々の個性が生かされる活気に満ちたコミュニティをゆっくりと丁寧に創っていきたい。そして、世界中のHubの同志たちとつながることで、地球規模でのコミュニティへと開かれていきます。

\ 出版記念限定イベント/ 企画のメモ技 実践ワークショップ in京都

2018年2月26日に出版された『一生仕事で困らない 企画のメモ技』(高橋晋平・著 あさ出版)の主題である、「自分の欲求を発見し、それを材料に企画を作る」を、著者のファシリテーションに沿って体験するワークショップです。 本を読むだけでなく、実際に「欲求探し」や「かけ合わせ」などのメソッドを参加者と一緒にやってみると、理解が数倍深まること間違いなし。著者への質問コーナーも。人生を賭けられる楽しい企画が見つかるかも…?… Read the rest
« June 2018 » loading...
M T W T F S S
28
29
30
31
1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
23
24
25
26
27
1

Stories

ブログ

こちらからImpact Hub Kyotoのレポートやメンバーの声を発信していきます。

Impact Hub Kyotoの西陣産業創造會舘は大阪建築コンクールに入賞しました

大阪府建築士会(岡本森廣会長)は、優れた建築作品を設計した士会会員らを表彰する平成29年度 第62回大阪建築コンクールの入賞者を発表し、西陣産業創造會舘は、渡辺節賞部門の奨励賞をいただきました!   【審査講評】 〈審査講評〉文化財の保存・活用の成否はプロジェクトに関わる「人」で決まるといっていい。専門の知識や技術はもちろん必要だが、大きな原動力になるのは建築への愛だと思う。旧電話局の歴史をこつこつと紐解きながら建築に向き合った真摯な姿勢は「人」を表彰する当賞に値する。賞の性格上、構造の情報が少ないので早急な判断は禁物だが、「耐震改修」という一点に関しては、他の選択肢がないとはいえない。さらなる飛躍に期待して奨励賞とした。… Read the rest

『ティール組織』著者フレデリック・ラルー氏講演「Insights for the Journey」@Impact Hub NY (2018年4月14日)

話題の書籍『ティール(Teal)組織』の著者フレデリック・ラルー氏の講演が先月4月14日(土)、Impact Hub New York Cityで行われました。 「マネジメントの常識を覆す次世代型組織」「変化の激しい時代における生命体型組織」としてポスト資本主義において重要なモデルとして注目を浴びているこの「ティール組織」執筆に関して、そして彼のウェブサイトに新たに追加されたプロジェクトで今回のイベントのタイトルにもある「Insights… Read the rest

聞きたい!この人のお話

縁あってこの“道場”に引き寄せられた多様なメンバーの活動や描き出そうとしている未来の展望を紹介していきます。

『聞きたい!この人のお話』 Vol.4 〜 小田まゆみさん

『聞きたい!この人のお話』 Vol.4 ~ 小田まゆみさん 「子どもたちが自由に生きられる存続的な世の中を作っていきたい。」 May.12.2017 第四回目に登場するのは、Impact Hub Kyoto(以下、Hub) のアドバイザー的存在であり、世界的に活躍されているアーティストである小田まゆみさん(以下、まゆみさん)です。まゆみさんは、現在はハワイ島の『ジンジャーヒルファーム』で瞑想やワークショップを通していのちを大切にした生き方を若い人たちに教えておられます。… Read the rest

『聞きたい!この人のお話』 Vol.3 〜 宮迫憲彦さん

『聞きたい!この人のお話』 Vol.3 ~ 宮迫憲彦さん 「本からアクションが生まれていく。そんな新しい本屋さんを京都で創っていきたい。」 Apr.5.2017   第三回目に登場するのは、Impact Hub Kyoto (以下、HUB)の一角でこだわりのあるセレクト本屋さん「Montag Booksellers」を営む宮迫憲彦さんです。     「これからの出版は京都が中心になる」   岡山県倉敷市で生まれ育ち、大学から東京に出て、大手書店チェーンに就職した宮迫さん。いつどこに転勤するのかわからない生活のなか、子どもが生まれたことが転機になったそうです。そして、宮迫さんが選んだ場所は、東京ではなく京都でした。… Read the rest

Book our space

会所の利用について

「会所」=多様な人々が身分や肩書きを超えて交歓し共創する場。Impact Hub Kyoto は現代の会所的な役割を果たすべく、京都ならではのコワーキングスペースとして、機能に応じた様々な空間を提供します。