What is Impact Hub Kyoto?

Dōjō for Change.  — 自ら変化の渦であれ —

Impact Hub Kyotoは、いまの社会、世界を変えたいと強く欲する人たちが集い、学び合い、新たな行動を起こす場所です。しかし、社会や世界を変えるためには、まず何よりも自分自身が変わらなければ、持続可能なインパクトも生まれません。そこでImpact Hub Kyotoは「社会の変革」「人と自然との関係の変革」とともに「自分自身の変革」を促します。自分の身体とこころを調え、生きるエネルギーを存分に発揮して自ら変化の渦となる。そしてこの三つの変革が渦巻きあうところで、これまでにない新しい道、Art of Livingを共に創り出したい。そのArt of Livingを極める「道場」こそ、Impact Hub Kyotoです。

 

 

 

News | お知らせ

▶︎新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について

現在、感染対策を行いながら、運営を行っています。詳しくはこちら  

Event / 直近イベント

Impact Hub Kyoto 主催

~文理融合の最先端講座~

「多様化、複雑化する社会を理解する動き」とはどの様な一体どのような方法なのか?「蟻・ニューロン・原子」の切り口からどんな方にもわかりやすく伝え、物質や生物の単純な性質の奥深さや、社会における創発を考えるイベントです。
2020.11.4(水) 開催   |詳細はこちら
 

Meaningful Content

気づきや創意あふれるイベント

時流にあおられず、物事の本質を探求できる京都で、いまの社会を変え「もう一つの世界」を創り出すために、気づきや創意あふれるイベントや講座を企画します。メンバーたちが時間をかけて互いの志・感性を深め合う機会をより重視して、主に(1)新しいコミュニティの形を探るもの、(2)自分の心身を調えるもの、(3)プロジェクトを育むもの、(4)各自の活動のヒントや知的刺激を得るためのもの、という4種類のプログラムを構想しています。
« 10月 2020 » loading...
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

ソーシャル・イノベーション学が目指す社会を問う-コロナ禍を経験して-

現在、新型ウイルス感染症は社会に大きな影響を及ぼしています。経済的打撃だけではなく、ソーシャル・ディスタンシングが与えた孤独や阻害など心理的な影響も見逃せませんでした。 いま、ソーシャル・イノベーション学が目指す社会として5つの社会のあり方を抽出しました。 今回は、この中から「危機に強い社会」、「文化・芸術を礎にする社会」、「みんなが命を育む社会」の3つのテーマを選択し、それらの社会を創るためには何をどう考え、誰がどう実行していけばいいのかを話し合いたいと思っています。 日時:2020年11月1日(日)10:00〜19:30 特別セッション:13:30~15:00 会場:オンライン(ZOOM/特別メインセッションはYoutube併設) プログラム [午前] 開会式、研究実践広告、ランチセッション [午後] 特別メインセッション ポスター発表 [イブニングセッション] Social Innovation Exchange SIX ■「危機に強い社会」を創る ゲスト:湯浅誠さん(東京大学先端科学技術センター特任教授 / 全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長) ファシリテーター:川中大輔さん(龍谷大学社会学部講師 / シチズンシップ共育企画代表) ■「文化・芸術を礎にする社会」を創る ゲスト:あごうさとし さん(THEATRE E9 KYOTO芸術監督) ファシリテーター:服部崇さん(京都大学経済研究所特定教授) ■「みんなが命を育む社会」を創る ゲスト:安田真之さん(特定非営利活動法人ゆに / 障害学生支援アドバイザー) ファシリテーター:小辻寿規さん(立命館大学共通教育推進機構 准教授 / 社会福祉士) 申込方法 ① … More

【創発する志向】蟻・ニューロン・原子で紐解く社会

▶︎目的 発展を続ける科学を活用して複雑化・多様化する社会を理解する動きがある.それは一体どのような方法であるのかを,蟻,ニューロン,原子の切り口から高校生や文系の方にもわかりやすく伝えること. 物質や生物の一見単純な性質の奥深さや,それらが社会を理解するカギになることを伝えること.   ▶︎こんな人に来て欲しい 「ビッグデータ,機械学習(AI),もう聞き飽きるほど聞くけど,どうやって使われてて,どうやって動いてるの?」 「多様性とか,複雑な社会って言われてるけど,これから一体どうなるの?どうやって予測するの?」 「最近よく聞く文理融合とか,分野横断型って具体的にどんなことをやってるの?」 「博士課程ってどんな研究して,どうやって生活しているの?」 といった疑問を持つ人.「どうやって生きたらいいんかわからん!!」 こういった疑問や悩みに,京大の博士課程で研究をする講師から優しく面白く答えてもらう企画です. 研究者企画として,毎月続けます.次回は「科学と科学の限界:トランスサイエンス」について行う予定です.   ▶︎企画者 佐田 宗太郎 / 京都大学大学院総合生存学館(思修館) 専門は社会・経済物理学,ネットワーク科学.広島大学理学部卒業後,五年一貫博士課程である総合生存学館に入学.三回生.京都市立高校で探究学習の指導やNPO法人Mielkaにて選挙に必要な政治情報の可視化に取り組む.放送大学では心理学も専攻. 学部では蟻の自律分散システムと,理論物理の研究を行った.資金難,人材難のボランティア団体が持続するための仕組みとして連合組織の設立に取り組み,代表を務めた.外務省プロジェクトでのミャンマー訪問,真理を学ぶために教会に泊まって牧師に聖書を教わるなど,多岐にわたる活動を行ってきた. 原田 岳 (Impact Hub Kyoto) 大学1年次に、よりイベント事業を個人で運営。その後メキシコへ留学し、”在メキシコ法人向け総合情報メディアamiga”の編集長に就任。同時期に日本貿易振興機構(JETRO)と共同で「写真で見る世界のライフスタイル メキシコシティスタイル」の製作を行う。帰国後、Cafe&Bar ENcounter Shibuyaの経営に携わる。アオイエに入居し、2017年10月に代表青木の誘いを受け、CCO(Chief Community Officer)兼関西統括に就任。2018年5月にアオイエ京都立ち上げの為関西へ移住。現在は京都の街づくりや、若者への創業支援プログラムの運営、地域に特化したエコシステムの構築などに尽力中。   ▶スケジュール 18:30 オープン 19:00 開始&概要説明&自己紹介 19:05 アイスブレイク 19:15… More

Vibrant Community

誰もが歓迎されるコミュニティ

千年以上の深い文化と現代的な感性が巧みに融合する京都にあって、Impact Hub Kyotoは、多彩な分野、多様な年代の独自性ある人たちが出会い、渦巻き、磨き合う台風の目のようなコミュニティを目指します。年齢・国籍・肩書きを問わず、誰もが歓待され、各々の個性が生かされる活気に満ちたコミュニティをゆっくりと丁寧に創っていきたい。そして、世界中のHubの同志たちとつながることで、地球規模でのコミュニティへと開かれていきます。

モンターグ・ブックセラーズ

montagbooksellers

Impact Hub Kyoto内には、「Montague Booksellers」という本屋さんが併設されています。Hub Kyoto内のブックショップならではの選書を、ぜひご覧ください。もちろん、購入も可能です。

http://montagbooksellers.com/


STORIES / 活動ブログ

こちらからImpact Hub Kyotoのレポートやメンバーの声を発信していきます。

GIFアジア最終選考会|優勝は、Kampung Marketer社(インドネシア)のNofi Bayu Darmawanさん

9都市のファイナリストが参加した最終選考会。優勝は、Kampung Marketer社(インドネシア)のNofi Bayu Darmawanさん。… More

GIF最終選考会が行われる「アジア太平洋ソーシャルイノベーションサミット」とは?

「アジア太平洋ソーシャルイノベーションサミット(APSIS)」は、2018年からアジア太平洋地域で開催されているソーシャルイノベーションに関する国際会議で、社会的企業、大企業、NPO/NGOなどの多様な参加者とともに各国の最先端の動きや革新的な起業家・企業のアイデアを学び、ネットワーキングを通してソーシャルイノベーションのエコシステムを構築していく場となっています。… More

来週22日に最終選考会「Regional Demo Day」開催。HUBでライブ中継も!

いよいよ最終選考会! 9都市から選ばれたファイナリスト達の最終ピッチは、9月22日!… More

国内最終選考会「National Demo Day」開催。ファイナリストは、中山慶さん(株式会社ROOTS)に決定!

3ヶ月のブラッシュアップを経て挑んだ国内最終選考会。プレゼンは英語で。 Generation Impact Fellowshipの最終審査会「National Demo Day」が、8月27日(木)にオンラインで開催されました。一次選考を通過した8名が約3ヶ月間のトレーニング「National Boot Camp」を経て、英語での最終プレゼンテーションに臨みました。… More

INTERVIEWS / 聞きたい!この人のお話

『聞きたい!この人のお話』vol.11 〜 中山 慶さん(株式会社ROOTS)

Generation Impact Fellowshipの国内最終選考会でファイナリストに選ばれた株式会社ROOTSの中山慶さん。あらためてROOTSの取り組みや9月22日にオンラインで開催されるアジアでの最終選考会「Regional Demo Day」に向けた意気込みを伺いました。… More

『聞きたい!この人のお話』vol.10 後編 〜 河村晴久さん(観世流能楽師シテ方)

  聞きたい! この人のお話 vol.10 <後編> 身体を通して文化を学び、感性を磨く 学びの場として、<ハタラクカラダワークショップ 声と呼吸~能の「謡」に学ぶ~> (2020年1月〜3月・全6回)を開催。講師としてお迎えした河村晴久さん(能楽師・観世流シテ方)に、「学び」をテーマにお話をお伺いしました。… More

『聞きたい!この人のお話』vol.10 前編 〜 河村晴久さん(観世流能楽師シテ方)

聞きたい!この人のお話 vol.10 <前編> 身体を通して文化を学び、感性を磨く 学びの場として開催した<ハタラクカラダワークショップ 声と呼吸~能の「謡」に学ぶ~> (全6回・2020年1〜3月)を開催。講師としてお迎えした河村晴久さん(能楽師・観世流シテ方)に、「学び」をテーマにお話をお伺いしました。… More

『聞きたい!この人のお話』vol.9 〜 マシュー・マノスさん(verynice, CEO)

聞きたい!この人のお話 マシュー・マノスさん(verynice CEO) 「ビジネス」と「クリエイティブ」と「社会貢献」を結びつけた全く新しい組織「verynice」を創設したマシュー・マノス(Matthew Manos)。Forbes誌で「クレイジーか天才か」と呼ばれ、Huffington Postで「世界を変える7人のミレニアルズ」に選ばれた世界的なデザイン戦略家、教育者、社会起業家である彼に、「verynice」の取り組みについて話していただきました。… More