イベントへに参加申し込み

Events

オープンデータ・ロボット活用イベントin京都

定員に達したため、申し込みを終了しました。

オープンデータ・ロボット活用イベントin京都

~新たなICTを使って未来に繋がるイノベーションを考えよう!~

京都市と京都府では、オープンデータやロボットなどの新たなICT(情報通信技術)を積極的に活用することで、住民の参加と協働による地域課題の解決や、中小企業の成長促進などに役立てていくこととしています。

この取組の一環として、ICTの専門家、学識経験者などを交え、京都市オープンデータポータルサイト「KYOTO OPEN DATA」やロボット「Pepper(ペッパー)」を活用するイベントを京都市と京都府で共同開催しますので、是非御参加ください!

【日時】
平成29年2月4日(土) 午前10時~午後6時

【場所】
Impact Hub Kyoto(インパクト ハブ キョウト)
(京都市上京区油小路通中立売西入ル甲斐守町97 西陣産業創造会館2階)
GoogleMap]

【主な内容】(予告なく、当日変更する場合があります。)

時間 内容
10:00~10:20 開会挨拶
10:20~11:00 京都における取組紹介
  • スマート京都推進プランの紹介
  • 京都市のオープンデータの取組紹介
11:00~11:30 講演「オープンデータの潮流」
講師:川島 宏一 氏(筑波大学大学院システム情報系社会工学域教授、ICT地域マネージャー)
11:30~13:00 休憩、参加団体等からの各種告知
13:00~16:00 ワークショップ
  • 京都市オープンデータポータルサイト「KYOTO OPEN DATA」の活用アイデアの検討講演「オープンデータの実践例」講師:福野 泰介 氏(株式会社jig.jp代表取締役社長、オープンデータ伝道師)テーマ:(1)観光、(2)産業、(3)文化・芸術、(4)安心安全・防災※興味のあるテーマを選択いただき、テーマごとのグループに分かれて話し合いを行います。
  • ロボットを活用した新たな住民サービスを考えるハッカソン
    「Pepper」を使いながら、ロボットを活用した新たな住民サービスについて考えます。※ハッカソン:ソフトウェアのエンジニアリングを指す“ハック”とマラソンを組み合わせた造語で、マラソンのように一定期間プログラミングを行い、アイデアや成果を競い合う開発イベント

※ワークショップは、どちらかの参加になります。11:30~13:00の休憩時にチーム分けを行います。

16:00~18:00 成果共有/閉会

【定員】
50名(事前申込、先着順)

【参加費】
無料

【申込期間】
平成29年1月5日(木)~2月3日(金)
※定員に達し次第、お申し込終了とさせていただきます。

【申込方法】
「Impact Hub Kyoto 事務局」に電話又はメール
電話:075-384-0350(月~金(祝日除く) 午前10時~午後8時)
メール:event24@impacthubkyoto.net
※小学生以下は保護者同伴のこと
※保育ルームの用意がございます。必要な方は申し込み時にお申し出下さい。
※会場は2階、3階(エレベーター無し)です。介助が必要な場合はお申し込み時にお申し出下さい。
※11:30~13:00の休憩時に軽食の提供を予定しておりますが、食物アレルギーをお持ちの方は、ご自身でご用意いただくなどご準備願います。

【主催】
京都市、京都府

【共催】
京都コンピューターシステム事業協同組合、一般社団法人京都府情報産業協会(京都クラウドビジネス研究会)

【後援】(予定)
内閣官房 高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部、総務省、ITコンソーシアム京都

Back to all Events

Event Organizers

京都市, 京都府

Date & Time

February 4 | 10:00 to 18:00

Location

Impact Hub Kyoto

SEE IT ON GOOGLE MAPS

Entry Fee

Cost for Members: Free

Cost for Non Members: Free

Updated on 29 January 2017