What is Impact Hub Kyoto?

Dōjō for Change.  — 自ら変化の渦であれ —

Impact Hub Kyotoは、いまの社会、世界を変えたいと強く欲する人たちが集い、学び合い、新たな行動を起こす場所です。しかし、社会や世界を変えるためには、まず何よりも自分自身が変わらなければ、持続可能なインパクトも生まれません。そこでImpact Hub Kyotoは「社会の変革」「人と自然との関係の変革」とともに「自分自身の変革」を促します。自分の身体とこころを調え、生きるエネルギーを存分に発揮して自ら変化の渦となる。そしてこの三つの変革が渦巻きあうところで、これまでにない新しい道、Art of Livingを共に創り出したい。そのArt of Livingを極める「道場」こそ、Impact Hub Kyotoです。

 

 

 

 

 

 

Meaningful Content

気づきや創意あふれるイベント

時流にあおられず、物事の本質を探求できる京都で、いまの社会を変え「もう一つの世界」を創り出すために、気づきや創意あふれるイベントや講座を企画します。メンバーたちが時間をかけて互いの志・感性を深め合う機会をより重視して、(1)HUB Kitchenをはじめ、新しいコミュニティの形を探るもの、(2)HUB Reconnect など自分の心身を調えるもの、(3)HUB Idea Pitchingや起業塾などプロジェクトを育むもの、(4)HUB Inspire Me! といった各自の活動のヒントや知的刺激を得るためのもの、という4種類のプログラムを構想しています。

Vibrant Community

誰もが歓迎されるコミュニティ

千年以上の深い文化と現代的な感性が巧みに融合する京都にあって、Impact Hub Kyotoは、多彩な分野、多様な年代の独自性ある人たちが出会い、渦巻き、磨き合う台風の目のようなコミュニティを目指します。年齢・国籍・肩書きを問わず、誰もが歓待され、各々の個性が生かされる活気に満ちたコミュニティをゆっくりと丁寧に創っていきたい。そして、世界中のHubの同志たちとつながることで、地球規模でのコミュニティへと開かれていきます。

変革へのトビラ

お知らせ: 変革へのトビラは諸事情により延期になりました。申し訳ありません。参加を予定して頂いていた方にはご迷惑をおかけします。新しい日程が決まり次第お知らせいたします。         自己実現と社会貢献を実現するソーシャルイノベーターたちも、悩みながら、迷いながら、前に進むものー そこにあるトビラを開き、その一歩を前に進めようとする私たち自身が、先輩や仲間たちの体験やアドバイスをもとに気付きを得て、ともに成長していく場が欲しい。 そんな想いから、私たちはソーシャルイノベーターたちの問題解決と価値創造のための場を作ることにしました。     社会の様々な課題に取り組む実践者が気づきを得ていくプロセスは、社会の様々な事象に問題意識を持っているのに なかなか一歩を踏み出すことのできない「実践者まであと一歩」のあなたにとっても、きっと大きな勇気となるでしょう。   最終的なゴールは、自身のプロジェクトを定義し始動すること、あるいは、既存のプロジェクトに参加すること。   これは、社会起業家自身がともに成長し、実践する、ワークショップシリーズです。     【プログラム】  ◇第1回  3/1 (日) 17:00-19:30  なぜ、あなたは社会起業をするのか 〜”Who are you?”と3つの輪  ◆第2回  3/19 (木) 19:00-21:30   シェアリング vol.1  ◇第3回  4/5 (日) 13:00-15:30  ビジネスの基本を学ぶ 〜5 Element×MVT…

Stories

ブログ

こちらからImpact Hub Kyotoの近況やメンバーの声を発信していきます。

【2月第3週のご報告】

節分を終えてなお、寒い日が続く今日この頃。三寒四温とはよくいったものです。 体調管理が難しいこの時節、みなさまいかがお過ごしでしょうか。   Hubでは少しずつ活動に熱を帯びてまいりました。 第2週の活動について、報告します。    2/16(月) 英語で学べる古武道  2/16(月) Maker Meeting  2/17(火) KYOTOGRAPHIEディナーパーティ参加  2/18(水) Sexy Salad  2/19(木) Community Gathering  2/21(土) 「京都市未来まちづくり100人委員会」参加  2/21(土) Social Kitchen「週末酒場」参加   この週は内部・外部ともに活発に活動に向かった一週間でした。ここに挙げている以外にもメンバーが参加したイベントや 行事もあり、外部の方々とのつながりが広がりつつあります。 今後の活動の広がりによっては、さらなるみなさまからのご意見やご協力が必要になってくるものもあるかと思います。   一方で、Maker MeetingやSexy Salad、Community GatheringなどのこれまでHUBで開催してきたものも熱を帯びてきました。 (Maker MeetingはHUB Maker限定の会議ですので、公開されたイベントではありません。ご了承ください。)   16日(月)のMaker Meetingの様子はこちら https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=699820136802284&id=325254134258888   18日(水)のSexy Saladの様子はこちら https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=700294186754879&id=325254134258888   19日(木)のCommunity Gatheringの様子はこちら…

【「HUB Inspire Me!」のご報告】

Impact HUB Kyotoがお届けしている「HUB Inspire Me!」。 アイディアを具現化し、価値の転換を図ってきたトップランナーにお話しいただくHUBのプログラムの中でもパワフルなこの企画。 トップランナーの生の声と経験を聞き、彼らから積極的に影響を受けようとするこのイベントはいつも熱気に包まれます。   今回のゲストスピーカーはKYOTOGRAPHIE共同代表の仲西祐介さん(照明家)とルシール・レイボーズさん(写真家)でした。 テーマは「日本で国際フェスティバルを立ち上げるということ」。   文化的な要素が集まっている京都で、海外からアーティストが日本に来たり 彼らが日本から海外に情報を発信する、真に国際的なアートフェスティバルを 立ち上げようとKYOTOGRAPHIEを始めたお二人。   きっかけとなった出来事や立ち上げの時のご苦労、展望など伺いました。   お話を聞きながら、それは「国際フェスティバルを立ち上げる」ということだけでなく、 今後の写真に関する文化を日本に根付かせたいという想いとも受け止められました。 その視点や活動こそ、私たちも参考にしたい「変革する」のポイントであり、実践していきたいことでもあります。   また、見る側の人だけでなく、写真に撮られる側の人、また写真を撮る人にとってもKYOTOGRAPHIEの意義は 大きいとのお話しがあり、すべての立場の人にとって新たな自分を見出す可能性があるとも感じました。   今後、京都の国際写真展として名実ともに大きなものになっていくであろうKYOTOGRAPHIE。 会期中にはぜひ足をお運びください。   【KYOTOGRAPHIE】 会期: 2015年4月18日(土)~5月10日(日) 会場: 京都市内の15会場 テーマ: TRIBE - あなたはどこにいるのか?   KYOTOGRAPHIEホームページ http://www.kyotographie.jp/…

Book our space

会所の利用について

「会所」=多様な人々が身分や肩書きを超えて交歓し共創する場。Impact Hub Kyoto は近代の会所的な役割を果たすべく場として、機能に応じた様々な空間を提供します。