What is Impact Hub Kyoto?

Dōjō for Change.  — 自ら変化の渦であれ —

Impact Hub Kyotoは、いまの社会、世界を変えたいと強く欲する人たちが集い、学び合い、新たな行動を起こす場所です。しかし、社会や世界を変えるためには、まず何よりも自分自身が変わらなければ、持続可能なインパクトも生まれません。そこでImpact Hub Kyotoは「社会の変革」「人と自然との関係の変革」とともに「自分自身の変革」を促します。自分の身体とこころを調え、生きるエネルギーを存分に発揮して自ら変化の渦となる。そしてこの三つの変革が渦巻きあうところで、これまでにない新しい道、Art of Livingを共に創り出したい。そのArt of Livingを極める「道場」こそ、Impact Hub Kyotoです。

 

 

 

 

 

 

Meaningful Content

気づきや創意あふれるイベント

時流にあおられず、物事の本質を探求できる京都で、いまの社会を変え「もう一つの世界」を創り出すために、気づきや創意あふれるイベントや講座を企画します。メンバーたちが時間をかけて互いの志・感性を深め合う機会をより重視して、(1)HUB Kitchenをはじめ、新しいコミュニティの形を探るもの、(2)HUB Reconnect など自分の心身を調えるもの、(3)HUB Idea Pitchingや起業塾などプロジェクトを育むもの、(4)HUB Inspire Me! といった各自の活動のヒントや知的刺激を得るためのもの、という4種類のプログラムを構想しています。

Vibrant Community

誰もが歓迎されるコミュニティ

千年以上の深い文化と現代的な感性が巧みに融合する京都にあって、Impact Hub Kyotoは、多彩な分野、多様な年代の独自性ある人たちが出会い、渦巻き、磨き合う台風の目のようなコミュニティを目指します。年齢・国籍・肩書きを問わず、誰もが歓待され、各々の個性が生かされる活気に満ちたコミュニティをゆっくりと丁寧に創っていきたい。そして、世界中のHubの同志たちとつながることで、地球規模でのコミュニティへと開かれていきます。

共感のカタチ

何をどうやって自分のプロジェクトを具体化させればいいのか? 誰かにプロジェクトの課題を相談したいのだけれども、何を相談したらいいのか? プロジェクト実施への道筋や課題をどうやって明確にしたらいいのか、悩んでいませんか?   自分のプロジェクトを自身が大切にしているところから整理し、具体化への道筋を形作り、 それを発表して他の参加者からフィードバックを得ることでプロジェクトを磨いていくプロセス、「マイプロ」。 普段から京都府庁などでマイプロを実施している西尾直樹さんをお迎えし、マイプロの実践会を開催!   Impact HUB Kyotoでは2月から「共感のカタチ」を実施し、自らのプロジェクトをカタチに書き起こし、 また仲間との支え合いを目に見えるカタチで実践していこうと動き始めました。   自分たちのプロジェクトがどのように変化と進展をとげているのか、自らの確認のため、 そして仲間の状況を確認するため、今回のマイプロを活用して振り返りませんか。 また、「共感のカタチ」に参加していない方も今回のマイプロを経てご自身のプロジェクトを カタチにする有意義な機会にしていきましょう。   マイプロの実践による「一歩前進」の感覚をぜひ味わってください。   【開催日時】  4月3日(火) 18:30 ~ 21:00   【参加費】  Impact Hub Kyoto会員: ¥1000  一般: ¥1500  学生: ¥1000   【お申し込み】  http://goo.gl/forms/v303LTQVJ5   【講師プロフィール】…

Stories

ブログ

こちらからImpact Hub Kyotoの近況やメンバーの声を発信していきます。

【「シュタイナー学校のアメリカ史」のご報告】

年度末で慌ただしい3/30、3/31の2日間にわたって、「シュタイナー学校のアメリカ史」が開催されました。 この企画はImpact Hub Kyotoメンバーのお父様がシュタイナー学校で教鞭をとっていらしたご経験を お持ちだったことから実現しました。   講座の内容は  1時限 「聖なる大地の時代~アメリカの基礎~」 15世紀まで/ネイティブ・アメリカン(インディアン)  2時限 「建国の父たち~移民と独立~」 16~18世紀/ウィリアム・ペン、ベンジャミン・フランクリン  3時限 「大草原の小さな家~開拓とスピリット~」 19世紀/ラルフ・エマーソン  4時限 「私には夢がある~奴隷制と公民権運動~」 19~20世紀/リンカーンからキング牧師まで   5時限 「アメリカと日本の霊性」 幕末~現在/鈴木大拙    とありましたが、それぞれの講座は独立していながらも関連性がある、とてもユニークなものでした。 講座においても、絵や図を描くものから詩の朗読まで、参加者の感性を引き出しながら理解を深めていく スタイルでしたので、受講者の参加意識や主体性が自然に引き出される学びの場だったと感じます。   このところ「教育」に関するイベントや講座が連続したImpact Hub Kyoto。 これは対象を「子どもの教育」に限定するつもりではなく、大人の成長や社会における才能の発揮にも とても重要で貴重な機会だったかと思います。   参加いただいたみなさまからも好評をいただいた今回の企画。 今後も学びと実用を兼ねた、充実したイベントを企画していきたいと考えているImpact Hub Kyoto。 これからの各種イベントや講座にもご期待下さい。  …

【3月第4週のご報告】

年度末を控えた3月の最終週、この週も充実した一週間でした。 Impact Hub Kyotoの定例イベントから外国の方のご要望によるイベントまで 多様なイベントが開催されたこの週のImpact Hub Kyoto。   3月の4週目の活動は次の通りです。    3/23(月) 英語で学べる古武道  3/24(火) Meetup Organizers’ Meetup  3/27(金) HUB Drinks  3/28(土) Inspire Me!   先にも報告した通り24日(火)の「Meetup 。Organizers’ Meetup」では、 海外からお越しのメンバーの方にHubという場を大変気に入っていただき、2階の和室を会場に ミーティングと飲食を楽しんでいただきました。 私たち事務局メンバーも普段は想像もしていませんでしたが、2階の和室に食事や飲み物を運び、 さながら料亭のような準備と会の楽しみ方でした。   また、28日(土)の「Inspire Me!」では大迫先生に国際バカロレア(IB)のお話しをいただくとともに、 その教育を受けていらっしゃる参加者の方や手法でもって教育を提供されている方の参加もあり、 講演をいただいたお話しを聞く以上の情報交換や人的交流が起こったようです。 合わせて、大迫先生ご自身が詩人でもいらっしゃるので会場にて詩の朗読等のパフォーマンスを いただき、国際バカロレアによる多彩な才能の開花を実践いただいているお姿を拝見できました。   いよいよ翌週には新年度を迎えるこの時期。 新たな年度の始まりとともに新たなイベントやプログラムも充実させていきたいと考えています。 これからのImpact Hub Kyotoの展開にもご期待下さい。…

Book our space

会所の利用について

「会所」=多様な人々が身分や肩書きを超えて交歓し共創する場。Impact Hub Kyoto は近代の会所的な役割を果たすべく場として、機能に応じた様々な空間を提供します。