← Back to Events

Impact Hub Kyoto

Upcoming Events

February 2019

graf代表・服部滋樹 × コミュニティデザイナー・山崎亮「つどい つくる 環境」

February 18 @ 19:00 - 21:30
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
8q1Z3rQD6wDTl121549509275_1549509308

19世紀産業革命時のイギリスの社会思想家・評論家であり、多くの人々に影響を与えたジョン・ラスキンの生誕200周年を記念して、現代にも通じるその思想や考え方を振り返るシリーズ第4弾企画。 今回は、家具の製造・販売、グラフィックデザイン、スペースデザイン、プロダクトデザイン、カフェの運営や食や音楽のイベント運営など、暮らしにまつわる様々なデザインやアートを手がけてきたgraf代表の服部さんとコミュニティデザイナーの山崎亮さんをゲストに迎えます。服部さんの著書「ようこそようこそ はじまりのデザイン」をひもときながら、19世紀の偉大な思想家であるジョン・ラスキンやアーツアンドクラフト運動を展開したウィリアム・モリスの潮流から、現代のデザインや暮らしのあり方に迫ります。   現在内容を調整中です。詳細はまた追ってご案内します。   ◉取り上げる本 「ようこそようこそ はじまりのデザイン」 *希望者は、https://goo.gl/19pw8u よりお申し込みください。   ◉ゲスト紹介 服部滋樹 / graf代表、クリエイティブディレクター 1970年生まれ、大阪府出身。graf 代表、クリエイティブディレクター、デザイナー。美大で彫刻を学んだ後、インテリアショップ、デザイン会社勤務を経て、1998年にインテリアショップで出会った友人たちとgraf を立ち上げる。建築、インテリアなどに関わるデザインや、ブランディングディレクションなどを手掛け、近年では地域再生などの社会活動にもその能力を発揮している。京都造形芸術大学芸術学部情報デザイン学科教授。   山崎亮 / studio-L代表。コミュニティデザイナー。社会福祉士 1973年愛知県生まれ。大阪府立大学大学院および東京大学大学院修了。博士(工学)。建築・ランドスケープ設計事務所を経て、2005年にstudio-Lを設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる。まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。 著書に『ふるさとを元気にする仕事(ちくまプリマー新書)』、『コミュニティデザインの源流(太田出版)』、『縮充する日本(PHP新書)』、『地域ごはん日記(パイインターナショナル)』などがある。   ◉開催概要 ・日時:2019年 2月18日(月)19:00-21:30 ・会場:Impact Hub Kyoto    地下鉄「今出川」「丸太町」駅から徒歩15分   京都市上京区甲斐守町97 西陣産業創造會館 ・参加費:一般2000円、HUB会員1000円 茶菓子つき  ・申込:https://goo.gl/19pw8u より参加表明をお願いします。 ・問合わせ:075-417-0115 info@impacthubkyoto.net ・主催:Impact Hub Kyoto、京都西陣町家スタジオ ・共催:Ruskin in Japan実行委員会

Find out more »

10年後の職業と働き方の未来について考える ABD読書会

February 19 @ 19:00 - 21:45
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
2GKOmhg9SOeXkE61549256539_1549256552

「10年後の職業と働き方の未来について考える ABD読書会」 「ユーチューバー」、「3Dプリンター技師」、「家電女優」など、最近の職業には少し前には聞かなかったものがいくつもあります。数年後には、もしかしたら「バイオ衣装デザイナー」「超高速移動空間プロデューサー」などの職業が登場しているかもしれません。 今回は、これから生まれてくる新しい職業や働き方について、ABD読書法を使って考える勉強会です。題材本には、やりたいことが見つからなければ自分で作ればいいという発想から、本当に生み出された新ビジネスの事例を集め、50の「10年後の働き方」が描かれていますので、それを元に学びます。 活字を読む負担をあまり感じずに読めるアクティブ・ブック・ダイアローグ(Active Book Dialogue: ABD読書法R(下記参照)で一緒に読んでみましょう。 ■題材本:10年後の働き方 <著者> 未来予報株式会社(曽我浩太郎・宮川麻衣子) <目次> 1.農業と食 2.交通とエネルギー 3.情報流通と金融 4.音楽・映像とコミュニケーション 5.医療と健康 6.建築と行政 7.教育とエンターテイメント 8.服装とウェアラブル ■アクティブ・ブック・ダイアローグ(Active Book Dialogue: ABD)読書法®︎とは? http://www.abd-abd.com/ 1冊の本を ・参加者が分担して読む。 ・読んだ内容を数枚の紙に書く。 ・読んだ内容をみんなでリレーしてプレゼンし説明し合う。 ・深掘りして考えたいことを見つけ、共通して考えたい参加者同士で語り合う。 と様々なアプローチで本の内容に触れられる読書法です。読む活字は少なくてもみんな対等で読めます。 *ご注意:事前に対象本を購入する、あるいは、読む「必要はありません」。(事前に購入したり読んだりして頂いても、もちろん結構です) ■日時:2019年 2/19(火) 19:00-21:45 (18:30開場) ■場所:Impact Hub Kyoto 2F 京都市上京区油小路中立売西入ル甲斐守町97番地 西陣産業創造會舘(旧西陣電話局)2F ■参加費:HUB会員:無料 、 一般: 2,000円 (飲み物とスナックをご用意します) ■申込方法 以下のページからお申し込み下さい https://goo.gl/ByB9Mx ■主催(問合せ先):Impact Hub Kyoto 075-417-0115 info@impacthubkyoto.net 司会進行:小室 勝裕

Find out more »

Impact Hub Kyoto 活動説明会

February 22 @ 19:00 - 19:30
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
ILBeDe_s4iRzj_z1529053556_1529053572

ビジネスを通じて経済の循環やよりよい社会づくりに関わりたい。 なにより、心地よい空間で、毎日ワクワクしながら働きたい。 Impact Hub Kyoto(以下、HUB)は、世界100都市に拠点を持ち、16000人以上の会員を持つ社会起業家の世界的コミュニティの京都にあるブランチです。この場所は、伝統的な西陣の街にあり、大正時代の重要文化財を使った隠れ家的なスペースを使って、本屋さん、コワーキングスペース、レンタルスペース、スモールオフィスなどを会員制で運営しております。 ▼毎週金曜日の午前中に説明会と見学ツアーについて HUBでは、昼の部は、毎週金曜日の11時から。夜の部は毎月1回、説明会と見学ツアーを開催しています。 ここでは、HUBのコミュニティ活動、どんな会員がいるか、進めているプロジェクト、うまくいっていること、うまくいっていない課題など、ざっくばらんにご紹介します。仕事場やシェアオフィス、貸しスペースを探しておられるほか、様々な関わり方が可能ですので、何らかの形で関わってみたい方はぜひ気軽にご参加ください。 ▼こんな方を募集中! ⑴HUBの会員制度やコミュニティに興味がある ⑵スペース利用に興味がある ⑶イベントやプロジェクトに関わってみたい ⑷このスペースで、共同企画やプロジェクトをやってみたい ⑸学生インターン、社会人プロボノで関わってみたい ▼開催日時 ◎昼の部: 2月1、8、15、22日(金) 11:00〜11:45 ◎夜の部: 2月21日(木)19:00-19:30 *説明会と予定があわない方は、個別で希望をお問い合わせください。 ▼場所:Impact Hub Kyoto HP:http://kyoto.impacthub.net/ 地下鉄「今出川」「丸太町」駅から徒歩15分 京都市上京区甲斐守町97 西陣産業創造會館2階 ▼お申し込み:以下のフォームから表明お願いします https://goo.gl/19pw8u ▼参加費:無料 ▼連絡先 075-417-0115 info@impacthubkyoto.net 多くの方からのご応募をお待ちしています! シェア頂いたり、興味のありそうな方にご紹介頂くことも大歓迎です ^_^ #コワーキング #貸しスペース #コミュニティ #社会起業家 #Impacthub #起業 #ベンチャー #シェアオフィス  

Find out more »

京都で活躍する起業家たちのストーリー

February 23 @ 14:00 - 17:00
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
U6JwvIYMScGyX441549501539_1549501563

様々なサービスやプロダクトが溢れ、ユーザーの好みや傾向も多様化する中で、起業して事業をスケールアウトした若手創業者たちは、今何を思い、何に課題を感じているのか? また、どのようにマーケットを捉えて、価値を生み出し、ユーザーを満足させていくのか? 今回は、今勢いに乗っている京都の多様な分野の若手創業者たちを招き、今展開しているサービス・プロダクトについて、過去・現在・未来という切り口で語っていただきます。   ◎ゲスト紹介 ▼ライトニングトーク 齋藤 侑里子さん(Robotex Japan CEO/筑波大学・4年生) 1996年10月9日生まれ、静岡県出身、現在筑波大学4年。大学2年次にシリコンバレーでのインターン研修、その後国内スタートアップ、日本マイクロソフトのスタートアップ支援チームにてインターンを行い、大学3年冬より半年間エストニアに交換留学。現地ではスタートアップイベントを主催したり、ブロックチェーン企業でのインターンを行う。留学から帰国後はエストニア発の産学官連携のSTEAM・アントレプレナー教育コミュニティ「Robotex」の日本支部立ち上げを行なっている。 ▼登壇者 遠野 宏季さん (株式会社Rist代表取締役) 京都大学で化学を専攻する傍らで、医工連携領域の博士課程リーディングプログラムに参加し、 医学・介護へのICTの活用を模索する。 その後、株式会社エクサインテリジェンスの創業期の立ち上げを経て、一般物体認識や心臓MRIなどの医療画像、時系列データの解析・システム開発に携わる。 2016年8月、ICTや機械学習を始めとした各種科学技術を用いて社会課題解決に取り組む株式会社Ristを創業。 松居 佑典さん(株式会社BugMo Co-Founder/CEO) カンボジアで先進国の畜産飼料開発のため森林が伐採され農家が行き場を失っていることに憤りを覚える。また健康上の理由で大学を一度ドロップアウトした自身の経験から、資源を必要としない昆虫由来のタンパク質で、世界中の人が自分の体も未来も自分でデザインできる世の中を作ろうと、株式会社BugMoを共同創業する。 須藤 惟行さん(株式会社LiV代表取締役) 2018年7月、京都四条河原町にスタンド形式で日本茶を楽しめる「YUGEN」をオープン。 東京で株式会社Terrace、株式会社Beyond Cafeという2つの会社で立ち上げメンバーとして参画し、同時並行で2つの事業を行いながら、マーケティングや採用に関する事業を通じて、企業の成長戦略に関わってきた。 その中で日本の伝統産業全体ののマーケティング手法や発信方法に疑問を抱き、特に子供の頃から好きだったお茶を今までの知見を活かすことで業界にもっと勢いをつけたいと起業に至りました。 YUGEN:https://bit.ly/2G70Kkt   山田 真広さん(株式会社トマルバ co-founder 取締役) YUMMY,inc / TOMARUBA.incの共同創業者。 渋弁.comの立ち上げ後、VCとエンジェル投資家を株主に向かい入れ、ITサービスの複数立ち上げを行う。 シェアリングエコノミー関連の事業をスケールさせて売却。 現在は京都で京町屋・古民家再生・一棟貸し旅館のプロデュースと運営を行い、インバウンドビジネスの立ち上げと拡大中。京都で圧倒的NO1 になるために邁進しています。 京都で京町屋/一棟貸しの高級旅館に特化したプロデュースと運営: http://tomaruba.me/     ▼モデレーター:嶋根 秀幸さん 教育・評価システムの構築提案、人材採用コンサルティングを経験後、音楽SNSや動画配信サービスを立ち上げる。その後、MOVIDA JAPAN社にてスタートアップ支援プログラム(Seed Acceleration Program)を立ち上げ、2011年〜2014年にプログラム5期50社への投資を行う。現在はMistletoe社でスタートアップ支援やイベントプロデュース及び育成プログラムの設計支援を担いながら、個人ではIT・モノづくり人材の発掘や自治体との教育・育成事業を手がける。国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO) の事業カタライザーも兼任。   ■日時:2019年 2/23(土) 14:00-17:00 (13:30開場) ■場所:Impact Hub Kyoto 京都市上京区油小路中立売西入ル甲斐守町97番地 西陣産業創造會舘(旧西陣電話局) ■参加費:HUB会員:1000円 、 一般: 1500円 (飲み物とスナックをご用意します) ■申込方法 以下のページからお申し込み下さい https://goo.gl/19pw8u ■主催(問合せ先):Impact Hub Kyoto、京都西陣町家スタジオ 075-417-0115 info@impacthubkyoto.net           

Find out more »

これからの社会貢献ビジネスモデル設計ワークショップ -世界を変える社会起業家マシュー・マノスがロサンゼルスから参加! –

February 24 @ 14:00 - 17:00
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
RconBklw3YyFSa91549513096_1549513121

昨年、大きな反響を呼んだマシュー・マノスのビジネスモデル・ワークショップ「Models of Impact」を体験しましょう! ロサンゼルスのマシューとも短時間ですがオンラインでつなぎ、昨年のワークショップを振り返る体験をしていただきます。 Models of Impactのワークショップは、戦略的ビジネスモデルのアイデアと社会的企業を立ち上げるプロセスをシミュレートするアイデアゲームを通して、革新的なビジネスモデルを設計していただくものです。このワークショップは、スペイン、ロシア、ブラジル、アメリカなど100カ国、25,000名以上の教育者、学生、起業家、組織が活用し、新しいビジネスモデルのコンセプトを生み出してきました。 昨年のワークショップの価値を感じた多くの受講者が、ぜひ日本語版を作りたいと、協力して新たに日本語訳をつけてくれており、この日本語版ビジネスモデル・ワークショップを広めるアンバサダープログラムについての説明も行いますので、ご関心ある方はぜひご参加ください。 *マシューの調整が難しい場合は、ビデオでのメッセージになる場合がございます。 *日本語通訳がつきます。 *昨年のワークショップに参加していない方もご参加いただけます。 【事前申込み制です。以下のページからお申し込み下さい】 https://goo.gl/19pw8u ●ゲスト紹介 ・須藤潤( Jun Suto) Models of Impact Global Ambassador 大手外資系コンサルティング企業にて米国、日本を中心にグローバルに活躍。2004年、s-cubedコンサルティングを設立。クライアントは、Warrent Buffet率いるBerkshire Hathaway、Hitachiなどグローバル企業からスタートアップまで戦略実現を軸に付加価値創出をサポート。M&A、Transformation(企業改革)、Turnaround、Corporate Governance, Change Managementなどを専門に活動。 現在は、西海岸と日本を拠点に活動。「Global Citizenship」、「Abundance思考」、「より良い世界への機会創生」を軸に、「健康医療イノベーション」、「食料問題解決」、「教育」などの分野で活動。日本を起点に北米、南米、ヨーロッパ、アジア/インド、アフリカなどとのコラボレーションによりGlobal Accessのの強化を目指す。 ★2016 XPRIZEVISIONEERS Prize Developer (グランプリ受賞) ★Winner, 2018 Singularity University Japan Global Impact Challenge (GIC) / SU Ventures Incubator卒業 ★StartingBloc Social Innovation Fellow" ★Learn Do Share ( http://www.learndoshare.net/ ) Japan Executive Producer ・マシュー・マノス(Matthew Manos) *オンラインで一部出演 Matthew Manosは、Forbes誌で「クレイジーか天才か」と呼ばれ、Huffington Postで「世界を変える7人のミレニアルズ」に選ばれたデザイン戦略家、教育者、社会起業家。Matthew が創設した「VeryNice」は、ユニセフ、NASA、Googleなど500以上の組織に利益をもたらすために、10億円以上のプロボノとコンサルティングのサービスを無料で提供してきた世界的デザイン戦略コンサルティングチームです。その仕組みは先駆的な「"ハーフハーフ”ビジネスモデル(仕事の半分を無料で提供する)」として世界的に有名です。 VeryNice: http://verynice.co/ ◎こんな方にオススメです ・新たに社会的インパクトのあるビジネスモデル・ワークショップを広めたい人 ・NPO法人、ソーシャルビジネスなど社会活動に関わっている方 ・今の組織のビジネスモデルに満足していない、変えたい経営者、リーダー ・サステナブルなビジネスモデル作りに興味がある方 ・どのような社会的インパクトのビジネスモデルがあるかを学びたい方 ・新しい働き方、VeryNiceの先進的な経営モデルを知りたい方 ◎ワークショップについて ・新しいビジネスモデルを設計する方法を学ぶことができます ・現在のビジネスモデルの動向を明確に理解できます…

Find out more »
March 2019

いつも「時間がない」あなたに:欠乏の行動経済学 Business Open Lab.26

March 6 @ 19:00 - 21:45
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
いつも時間がないあなたに

 いつも時間がないあなたに、という表題から時間の有効活用や隙間の時間を見つけて活用するような方法が書かれていると、思うかもしれない。しかし、副題にあるように、本書に書かれているのは欠乏が人間に与える影響を様々な実験や理論とともに解説されている。    時間の他にも欠乏は、、ものやお金など足りないものがなんであっても似たような状態に落ちるという驚きの事実が示される。時間不足によって陥る典型的な状況が、他の資源の欠乏によって生じる状態となぜ似ているのか?欠乏がさらなる欠乏を招くのはなぜか、欠乏を避けるために有効な手段はなにかといった興味深い問に対する答えがさまざまな実験や理論とともに紹介されている。行動経済学者コンビが、初めて世に贈る一冊。欠乏の行動経済学は、日本社会においても様々な形で応用できる。「時間がない」と自覚している多くの日本人にとって、いかに欠乏を感じずに生産的な日々をおくるヒントを、本書から得てみてはいかがでしょうか?   ▽今回取り上げる本 いつも「時間がない」あなたに: 欠乏の行動経済学 http://ur0.link/QaEu   ▽この会の特徴 毎回、Active Book Dialogue(以下、ABD)というグループ読書法を使って、企画者が今最も読みたい1冊の本を、集まった全員で力を合わせて約1時間で読破します。 さらに、学びのエッセンスや感動を、対話を通して議論・共有できるという、大変ユニークで楽しい勉強会です。     ▽「ABD読書法」の特徴 ①「気軽」 ー 事前準備・事前購入不要。手ぶらで仕事帰りの勉強にぴったり! ②「チーム」 ー 全員で力を合わせ、短時間で読破します。買っても積ん読しがちな手ごわい本や、読書が苦手な人にぴったり! ③「感動の共有」 ー ファシリテーターが、本を通じた学びや感動を語り合う場を作ります。読書を深めるのにぴったり! ④「仲間」 ー 同じ本に惹かれ、同じ読書や議論の時間を共有できるので、仲間づくりにぴったり! ⑤「自主企画」 ー 1度体験すれば、自分達でも読書会や勉強会を開催できます。   以上の効果があるので、自主的に学びあえるコミュニティづくりにとてもオススメです。 学校の授業で、自主勉強会で、職場でのビジョン共有などで使えるので、このABDの進め方を知るだけでもとっても便利です!  また有志メンバーで無料マニュアルも作りましたので、関心ある方はこちらもどうぞ  → http://www.abd-abd.com/ #対話 #ABD読書会 #キャリア #働き方改革 #副業 #複業 #イノベーション   開催日|When?   2019年3/6(水)19:00 – 21:45 開場18:30 参加方法| How to join? https://goo.gl/forms/t4xV8Xn8pqyZ5hj33 HUB会員:無料 一般:2,000円(飲み物、おやつをご用意します) *イベントをコメントつきでシェア頂くなど、  広報をサポート頂けたら1,000円引きいたします。 会場 | Place? 京都市上京区油小路通中立売下る甲斐守町97西陣産業創造會舘 主催 | Organizer? 一般社団法人 Impact Hub Kyoto http://kyoto.impacthub.net/ NPO法人 場とつながりラボhome’s vi https://www.homes-vi.org/ NPO法人京都西陣町家スタジオ http://www.nishijin-bic.kyoto/machiya/  

Find out more »

ビジネス書を身近に。要約サイトサービス「flier」創業者 大賀康史が語る、本への想い・成長し続けるチームとは

March 8 @ 19:00 - 21:00
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
thrcbwf_tfHABgv1549873680_1549873701

忙しいビジネスパーソンでも、信頼できる情報源から世の中のトレンドをつかみ、思考を深めてほしい!そんな思いから、1冊10分で読める本の要約サイト「flier」を立ち上げ、ビジネス書の要約を世の中に提供し続けることを事業化した大賀康史さん。現在「flier」の会員数は30万人に成長してきました。 大賀さんは、せっかく本という好きなものを仕事にした最高の仲間と、楽しみながらも効率よく仕事をして、しっかり結果が出せるような最高のチーム作りにこだわり続けてきました。そんな大賀さんの経験やノウハウをまとめた著作『最高の組織』( https://www.amazon.co.jp/dp/4426125111 )が3月1日に発売予定です。 今回は大賀さんを東京からお招きし、本からの学びを活かす秘訣や、一人一人が自分の意思で主体的に好きな仕事に熱中できるチーム作りの方法について語っていただきます。 一人のビジネスパーソンとして何を大切に仕事に向き合っていくか。真の生き甲斐、働き甲斐について考えてみませんか。 ◉プロフィール 大賀 康史(おおが・やすし) 株式会社フライヤー 代表取締役 CEO https://www.flierinc.com 2001年早稲田大学理工学部機械工学科卒業、2003年早稲田大学大学院理工学研究科機械工学専攻修了。 2003年にアクセンチュア(株)製造流通業本部に入社。同戦略グループに転属後、フロンティア・マネジメント(株)を経て、2013年6月に株式会社フライヤーを設立。 著書、共著書に『最高の組織』(自由国民社)、『7人のトップ起業家と28冊のビジネス名著に学ぶ起業の教科書』(ソシム)、『ターンアラウンド・マネージャーの実務』(商事法務)がある。 Personal Compass Academyとは・・〉 一人ひとりの進路に針路(コンパス)を提供できればとの考えから毎回テーマを練り場を設けています。。過去には、Yahoo!アカデミア学長の伊藤羊一さんからリーダーシップについて、、転職エージェントの森本千賀子さんからキャリア構築について、日本マイクロソフトテクノロジーセンター長の澤円さんと複業研究家の西村創一朗さんとから複業についてなどホットトピックについて識者をお呼びし講演して頂きました。 ◉開催概要 ・日時:2019年 3月8日(金)19:00-21:00 (18:30開場) ・会場:Impact Hub Kyoto 地下鉄「今出川」「丸太町」駅から徒歩15分 京都市上京区甲斐守町97 西陣産業創造會館 ・参加費:一般3000円、HUB会員1500円 ・申込:https://goo.gl/19pw8u より参加表明をお願いします。 ・問合わせ:075-417-0115 info@impacthubkyoto.net ・主催:Impact Hub Kyoto ・司会進行:小室勝裕(Impact Hub Kyoto会員)

Find out more »
+ Export Listed Events