イベントを読み込み中

竹から考えるサスティナブルな地域社会~みんなで作る竹テントマスター養成講座~

Date
Oct 9th - Oct 10th
Time
10:00 - 16:00
Location
長岡天満宮 錦水亭竹生園
Price
¥3000

竹の持つ新たな可能性に触れ、次世代につなげられる持続可能性な暮らしと地域社会、自然との共生の在り方を考えてみませんか?

本ワークショップでは、地域のヒトたちが、地域の竹を、地域の中で活用しつづけてもらうための一方策として、NPO法人トージバが開発した「竹テント」について、その作り方と竹テントがもつヒトとヒト、ヒトと里山、そして農村と都市とを繋げる機能を伝え広めることを目的としています。その先の地域の未来に、それぞれの個性に即した竹テントづかいと竹テントづくりのしくみが築かれ、竹とヒトとの近しい関係が続くなかで、農村の里山風景が引き継がれていくことを期待します。

開催日時  :2021年10月9日(土)10:00~16:00
2021年10月10日(日)10:00~16:00

開催場所  :長岡天満宮 錦水亭竹生園(京都府長岡京市天神2-15-15 竹生園)

アクセス方法:阪急長岡天神駅から徒歩約10分/JR長岡京駅から徒歩約20分

HP:https://www.takano-bamboo.jp/blog/info/3665/

参加費   :3000円

定員    :15名

申込方法  :[email protected]へ名前、住所、所属、メールアドレスを記載したうえでお申し込みください。

※本件お申込み案内の個人情報に関しては、主催関係のご案内に利用させて頂きます。

出演者:青木秀幸(特定非営利活動法人トーシバ 理事)

青木秀幸

バンブーファクトリー。一級建築士、博士(工学/農村計画)、千葉工業大学非常勤講師。

山梨県生まれ。学生時代に友人の紹介でトージバの活動を見学、現在の奥さんと出会う。その後トージバの技術をオープンソース化して社会の課題解決を推し進めるミッションに深く感銘を受け竹林再生PJ(BambooFactory)へ本格的に参加。これまで竹テント技術の普及活動では、国内で17の都道府県、約70回の養成講座にて500名の竹テントマスターを育てる。現在は千葉県内で“地域の資源を上手に使いながら、生き生きとした暮らしがある” まちを育てて応援をするコミュニティデザイナーとしても奔走中。千葉県南房総市公認プロモーター&観光アドバイザーほか。

プログラム日程:

10月9日(土)

開始10:00(集合9:30)

終了16:00

※雨天時:9日のみ高野竹工本社(別途連絡いたします)

10月10日(日)

開始10:00(集合9:30)

終了16:00

★ワークショップの流れ

【1日目】「竹テント作りワークショップ」

【2日目】

午前:制作「みんなで創った竹テントの制作の要点を振り返る」

午後:ワークショップ「竹と廃プラスチックから考えるサスティナブルな地域社会」

実演「廃プラスチックからモノづくり体験」

 

開催機関:

主催:共創ラボCO-LAB Kyoto:/つくるコミュニティ長岡京

共催:NPO法人トーシバ、高野竹工株式会社、やまから屋

協力:長岡京市、長岡天満宮、(株)錦水亭、(株)シャーロン、ディスカバー長岡、Impact Hub kyoto、京都ペレット町屋ヒノコ

本プログラムは京都府令和3年度地域交響プロジェクトの一環として開催されています。

お問い合わせ:

一社)Impact Hub Kyoto  075-417-0115
[email protected]

  • イベント開催予定

    « 2021-12月 » loading...
    30
    1
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    1
    2
  • See other Events