イベントを読み込み中

「森のなかに未来を見る」シリーズ① — 山村に住む、ある森林学者が考えたこと —

Date
May 17th
Time
18:30 - 20:00
Location
Impact Hub Kyoto
Price
Free

国土面積のうち森林の占める割合を森林率といいますが、森林率ナンバーワンはフィンランド、日本は世界第2番目となっています。

協会では、2019年9月に、「森の案内人」三浦豊さんに「森に出かけない森ツアー」をしていただきました。

今回は、森がテーマの催し第2弾となります。まずは京都の森を入り口として、木の世界にいざなっていただきます。

皆様に新しい世界を楽しんでいただけますよう準備を進めておりますので、どうぞお楽しみに。

日本フィンランドデザイン協会より

 

岩井吉彌先生は、北山杉で有名な周山街道の中川にお住いの林業家、そして長く京都大学教授として森林経済学の分野で活躍され、日本各地の森はもちろん世界の森を調査研究され、フィンランドにも滞在されたことがおありで、昨年には京都の大垣書店から一般の方々にもわかりやすく読める本を出版されました。

森を語っていただく京都人としてこれ以上の方はないと申し上げても過言ではないと思います。

 

イベント詳細

日時:2022年5月17日(火)  18:30~

場所:京都市中京区甲斐守町97 西陣産業創造会館2階

主催:日本フィンランドデザイン協会

一般社団法人 Impact Hub Kyoto

お問合せ:075–417–0115 / [email protected]

申込:以下のリンクよりお申込みください。

https://forms.gle/drcatJgxbqdyn2PR6

 

講演者紹介

岩井吉彌

昭和20年京都市生まれ。昭和43年京都大学農学部林学科卒業、平成5年京都大学農学部林学科教授。平成21年退官。

著作は「京都北山の磨き丸太林業」「日本の住宅建築と北アメリカの林産業」「ヨーロッパの森林と林産業」「竹の経済史」、ほか編著・共著多数。
研究テーマは林業経営、山林相続税、木材産地形成と製材、北アメリカ林業と林産業、林業史、木材消費、木材流通、磨き丸太産地、竹産業、木材内装業、ヨーロッパ農家民宿、グリーンツーリズム、住宅産業、パルプ産業史、林業の国際比較、外材輸入、ヨーロッパの林産業。

 

著作紹介

『山村に住む、ある森林学者が考えたこと』

著者:岩井吉彌|定価:1,650円(税込)|大垣書店刊

【内容紹介】林業を営む家に生まれ、現場の魅力や課題を間近にみる一方、京都大学教授という立場から、学問としても林業を見つめてきた著者が、京都ひいては日本の森林経営の現状と問題点について国際的な視点も交えつつ私見を語る一冊。”二足のわらじ”だからこそ気づいたことを森林に親しみのない人にもわかりやすく語りかけている

  • イベント開催予定

    « 2022-5月 » loading...
    25
    26
    27
    28
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    29
    30
    31
    1
    2
    3
    4
    5
  • See other Events