Find Events

Event Views Navigation

Events for 22 November 2017

Day Navigation

18:30

日本の敗戦に学ぶ、組織、経営、リーダーシップの失敗の本質 – Business Open Lab. vol.17 –

November 22 @ 18:30 - 21:30
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
23031395_1394979990619625_3720655005477419063_n

「成功を祝うのはいい。しかし、もっと大切なのは失敗から学ぶことである。失敗をどう生かすかで、どれだけ社員の発想や才能を引き出し、変化に対応していくことができるかがわかるからだ。」 - ビル・ゲイツ - 今回のテーマは「失敗学」です。すなわち「過去の失敗からの学び方」を探求します。私たちは、日々たくさんのトライ&エラーや失敗を経験します。特に昨今は「デザイン思考」に代表されるように、「よりスピーディに実験的な試作品を作り、失敗経験から分析・学習して、サービスを作り上げること」が、あらゆる分野に求められています。 そこで今回、「失敗からの学び方」と題し、失敗からいかに深く学び、知恵に変えていくか、という相互学習の機会を設けました。 取り上げる本は、まさに「失敗学」の教科書的存在として今もロングセラーを続ける名著です。軍隊という最も合理化された近代組織が、なぜ太平洋戦争の参戦を選択したのか。旧日本軍がどのように作戦を立て、なぜそれが失敗につながっていったのか。その要因を、ナレッジマネジメント分野の世界的権威である野中郁次郎をはじめ、組織論、経営学、意思決定、リーダーシップにおける著名な6名の研究者がこれでもかと分析しており、経営者に人気の愛読書です。 本著では、感情論抜きに冷静に問題の核心を分析し、組織論の概念を絵画のように鮮やかに表現していますので、日本特有の企業組織の課題や、ビジネスの現場で日本人が陥りやすい組織的な失敗の本質を学べる一冊と言えるでしょう。 組織に属していたり、日々の判断を任されているマネージメント層、様々な開発に関わる方から、太平洋戦争そのものに関心のある方まで、非常に学びの多い機会になるでしょう。 ●今回取りあげる教科書 『失敗の本質 日本軍の組織論的研究』 HP : http://amzn.to/2cUIdJj ●この会の特徴 毎回、Active Book Dialogue(以下、ABD)というグループ読書法を使い、スタッフが最も読みたい1冊の本を選び、集まった全員で力を合わせて約1時間で読破・内容の共有を行います。さらにその学びのエッセンスを元に、ディスカッションで学びを深めるという、大変ユニークで楽しい公開勉強会です。 ●「ABD読書法」の特徴 ・参加者は事前準備、事前購入なく参加できて気軽 ・1人が読む担当部分が短いので、本が苦手の人も安心 ・その場で読んで、その場で感動や学びを交換。だから楽しい ・共通言語を元に話せるから、後の議論が盛り上がる ・インプットとアウトプットが同時にできて、記憶に残る ・達成感と一体感があって、参加者どうしも仲良くなる ・1度経験すれば進め方がわかって、自分のグループで使える 以上の効果があるので、自主的に学びあえるコミュニティづくりにとてもオススメです。学校の授業で、自主勉強会で、職場でのビジョン共有などで使えるので、このABDの進め方を知るだけでもとっても便利です! 有志メンバーで無料マニュアルも作りましたので、関心ある方はこちらもどうぞ → http://www.abd-abd.com/ ●日時 11/22(水)18:30 – 21:30 開場18:00 隔週水曜日で開催中。 次回の予定は、12/13:「魔法をかける編集」という本から、「ビジネスに役立つ技術としての編集」について学びます。 ●場所 Impact Hub Kyoto 京都市上京区油小路中立売西入ル甲斐守町97番地 西陣産業創造會舘(旧西陣電話局) … Continued

Find out more »
+ Export Day's Events