Sort by:
Find Events

Event Views Navigation

Upcoming Events

Events List Navigation

January 2018

働き手の才能をつなぐ仕事市場 (兼業編) -人間起点で仕事をデザインする- *オンライン参加無料

January 29 @ 18:30 - 21:00
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
sqe2zdj4IvPNWF91515548035_1515548049

日本の知的生産性を高めるためには、会社や組織の枠組みを超えたオープンイノベーションが不可欠です。この実現方法の一つとして、組織の枠組みを超えたイノベーションを起こす<場>が期待されています。そこで、京都工芸繊維大学新世代クリエイティブシティ研究センター(NEO)はヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)と共同で、東京都のYahoo! JAPAN本社内にあるオープンコラボレーションスペース:LODGE(ロッジ)において、新しい働き方と新しい仕事の創り方を探求する、約一ヶ月の社会実験を産官学で行います。 これまでのように仕事に自分を合わせるのではなく、各人の能力に合わせて仕事をデザインする試みです。最終ゴールはデザインした仕事を実践することですが、そのファーストステップとして、この場に集った人たちの力を紡ぎ合わせた仕事のデザインを試みます。 すでに何かしらの組織で活躍しているけれど、本業では使っていない能力を秘めている人、本業とは違う仕事にも取組みたい人、本業とは違う仕事の仲間を求めている人、こんな人たちが集って、自分の持つ力を描き出し、お互いをインタビューし、じっくりと話をして、お互いの秘めた力を見出し、こうして見出した力を紡ぎ合わせて、新しい仕事をデザインします。 もちろん仕事をデザインして終わるのではなく、実践に向けて歩み続けますので、今回だけで終わりません。新しい仕事と仲間を見つける有意義な時間にしたいと思っています。 LODGEとImpact Hub Kyotoを繋いで実施しますが、今回は、ZOOMというコラボレーションツールを使いますので、ワークショップ参加は京都でも東京でもどちらでもOKです。三回の参加が必須になっておりますが、自宅からの参加も可能ですので、奮ってご参加ください。(*遠隔参加の場合は、参加無料です) ◉ワークショップの詳細 ▼ワークショップのゴール 参加者の力を紡いで仕事をデザインする。実際の仕事やプロジェクトに仕立てるビジネス モデル(Ver.0)を作成する。 ▼ワークショッププロセス (全 3 回で下記の「8」まで進めます。) 1. 趣旨説明 人起点/兼業・複業/活性化 2. 能力とリソースを描く 各人の力と持っているリソースを画用紙にクレヨンで描く。文字でも絵でもよい。 3. ネットリサーチ(FB、インスタ、ツイッター他) 二人組みになって、相手の力をリサーチする。 4. 「2」、「3」の結果を用いてインタビュー 三人組になって、順番にインタビューをし、相手の力を聞き出す。 一人はオブザーバー&アドバイザー 5. 能力リストの完成 ここまでのプロセスで見えてきた能力をリスト化する。 6. 「5」を用いて仕事の概要をデザインしてチームメイクする。2グループに分かれて、仕事リストをもとに仕事をデザインする。 7. 「6」でデザインした仕事の一部にトライしてみる。 「6」でデザインされた仕事チームに分かれて、やってみる。 8. チームで仕事のデザインを仕上げる 「6」でデザインされた仕事チームに分かれて、ビジネスモデルキャンバスを使って仕事を仕上げる。 9. これからのデザイン デザインした仕事の実現に向けて次のステップを相談する。 ▼来て欲しい人 ・企業、自治体、NPO など、様々な組織で活躍している人 ・お金のためではない面白い兼業や副業を求めている人 ・本業で使えていない能力を他で生かしたいと思っている人 ・自分の意識していない能力を発見したい人 ・前向きで、新しい事にトライする事が好きな人 ・本業は面白いが、本業だけでは満足していない人 ・上記に加えて、すでに仕事のアイディアがあり、ゴールを共有できる仲間を求めている人 ・本気で新しい仕事を始める気がある人 ◉開催概要 ▼日時 ❇3 回すべての参加を原則としますが、どうしても3回都合がつかない方は要相談です。 第1回 1月15日(月) 16:00-18:30 第2回 1月22日(月) 18:00-21:00 第3回 1月29日(月) 18:30-21:00 ▼場所 ・京都会場:Impact HUB Kyoto <http://kyoto.impacthub.net/> 京都市上京区油小路通中立売西入ル甲斐守町 97 番地 ・東京会場:LODGE 東京都千代田区紀尾井町 1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー17 階 ❇オフィスや自宅からの遠隔参加可能です…

Find out more »
February 2018

ちびっこ大歓迎! アート?パフォーマンス?ファッション?建築?「パラフークの世界」で持ちよりランチ会 – sexy salad-

February 8 @ 12:00 - 15:00
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
SbnczLGytRZTA8d1516244881_1516244896

”あなた””わたし”の身体(からだ)はどこまで? 変な服の”わたし”になっちゃった!   毎月第2木曜日に開催する持ち寄りランチパーティ「Sexy Salad」。今回は子どもたちも楽しめる特別企画として、京都で開催中の「ART MEETS WINTER」とのコラボ企画にご招待! めくるめく「パラフークの世界」と、オリジナルの手づくり肉まんづくりをお楽しみください!   ■めくるめく「パラフークの世界」を体験しよう! 美術作家・東明さんががつくる膨らむ服の作品”パラフーク”を着て、みんなで膨らんでみよう! この”パラフーク”は、東さんが「1歳になるお子さんと一緒に遊べる作品を作りたい!」と思って生まれたものです。いろんな人が集う新しい家のようなファッション。フワフワと膨らんだあなたの中に、子どもたちが入って遊べますよ!子ども用のサイズもご用意するので、お子様連れから大人の方まで、どなたでも楽しめます。   ■面白い服をつくる工作ワークショップ”アナフーク”開催! 体験だけじゃ物足りない!そんなあなたには穴だらけのビニールシートに様々な材料をつけて面白い服をつくる工作ワークショップをどうぞ!いつもなら怒られるようなことをやっちゃいましょう! ※服の工作は持ち帰れませんが、チェキで撮影した写真を差し上げます。インスタ映え間違いなし! ※参加費は無料です。(ランチパーティに参加される方は、持ち寄りをお願いします) ※お子さま連れ大歓迎です。何歳でも参加できます。 ※ワークショップの時間は1時間程度です。 Exif_JPEG_PICTURE ■オリジナル手づくり肉まんを作っちゃおう! ”パラフーク”の膨らむイメージに合わせて、HUBではすなお企画による特製手づくり肉まんをご用意します! 好きな具材を持ち寄って、オリジナル肉まんを作りましょう! 具材以外にも、素敵な食べ物・飲み物を1品お持ち寄りください。 食事を囲みながらクリエイティブな時間をご一緒しましょう。     ●ゲスト紹介 東明(美術作家) 1974年広島県生まれ。京都市在住。1998年京都市立芸術大学彫刻専攻卒業。身近な素材を利用し、鑑賞者が関わることで成立する作品を制作する。近年の主な展覧会に、「クウキであそぶパラフーク!」(個展、アートギャラリーミヤウチ、広島、2017)、「てんとう虫プロジェクト05 NEW HOME」(個展、京都芸術センター、京都、2014)など。他、国立新美術館など各地でワークショップを多数開催。 ●「ART MEETS WINTER」とは? 飲食店やオフィスなど身近な場所で若手アーティストたちの作品を約1ヶ月にわたって展示。いつもと違ったアートとの出会いを冬の京都で。主催:文化庁、京都府、ARTISTS' FAIR KYOTO実行委員会 ●当日予定しているスケジュール ・12:00  お料理食べはじめ ・12:30 パラフークの作品体験&工作ワークショップ ・15:00  終了 ●その他 ・イベント後も会場は開けていますので、ゆっくりできます ・2階にはコワーキングスペースもありますので、ぜひ体験してみてください。 ・入退室自由です。ただし13:00以降に来られるとお食事が少なくなっている場合があります。 ・イベントページのシェアや、お友達連れも歓迎です! 【 見学ツアーのご案内 】 Sexy Salad にあわせて、「まだ新しくなった会場に行ったことがない」という方のために、無料見学会を実施します。 希望者は、事前に連絡いただき、11:00にHUBにご集合ください。どうぞ気軽に遊びにお越しください。 (見学は他の日程でも、平日10−20時に随時可能です) 日時: 2月8日(木)12:00-15:00 毎月2番目の木曜日に開催しています。 場所: Impact Hub Kyoto 3階 ※公衆電話の横からお入り下さい 参加費:500円 + 1品持ち寄り *HUB会員、西陣産業創造會館入居者は持ち寄りがあれば無料、なければ500円です *手ぶらの方は参加費は1000円となります 持ち物:①食べ物か飲み物 1品 ②あれば最近の活動や自分の興味が伝わるチラシ・名刺 (自分でしている活動でも、面白そうな企画でも) 協力:ARTISTS' FAIR KYOTO実行委員会 □ 参加方法 □ ① 正式なお申し込みは、以下のフォームから表明お願いします https://goo.gl/19pw8u ②…

Find out more »

日本語学習者向けワークショップ/「日本語で文化」シリーズ①――本好きの集い Book lovers’ gathering for Japanese language learners

February 13 @ 19:00 - 20:00
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
culture in Japanese_image

(This is an announcement of an upcoming workshop on Japanese language and culture. English text follows the Japanese). せっかく京都にいるのに、教科書で文型の練習をするだけなんてもったいない! 海外から来た方々にこそ、アートや音楽、建築、マンガ、料理など、日本で「一番知りたかったこと」を味わってほしいし、新鮮な視点を受けて、リアルに語り合いたい――そんな想いから、日本語を習得しつつ、日本のカルチャー・シーンやアートについて、一歩踏み込んで学び、また話し合うというこのワークショップが生まれました。   講師(ファシリテーター)は、『英語で日本文化の本 The Japan Culture Book』(2015年/ジャパンタイムズ・刊)という著作があるノンフィクションライター・三浦史子。日本語教育能力検定も取得していて、各カルチャー・ジャンルで使われている日本語の用語や、その実情と背景について解説します。また、世界のさまざまな場所から来た参加者の間で意見交換して、クリエイティブな時間を作り出していきましょう。   『英語で日本文化の本 The Japan Culture Book』公式ページ https://bookclub.japantimes.co.jp/book/b309356.html *Impact Hub Kyotoでも購入できます。     企画の内容 本ワークショップでは、「文化は常に変化し続けるもの」という認識を前提にして、「ステレオタイプと多様性」を切り口に、1回1テーマで展開します。おもに日本語で進行。適宜、英語を交えます。   第1回:「本好きの集い」 記念すべきシリーズ第一回のテーマは「本」。ウェブメディア全盛の時代にあって、紙の「本」は新たな存在感をはなっています。オビってなに? 新刊の値段はまけられないの? マンガが多い! エッセイってessayと違うの? 翻訳文学ってなに?――本好きだけれど、日本の書店に並ぶ本をながめて、首をかしげている方々、大いに語り合いましょう。編集者&ノンフィクションライターとして、数々の本の出版に携わってきた三浦史子が、講師(ファシリテーター)をつとめます。     Coming soon: -Fashion lovers’ gathering ファッション好きの集い -Food lovers’ gathering 食と料理好きの集い -Cinema lovers’ gathering 映画好きの集い   ・対象 母語が日本語以外で、カルチャー関連の用語知識や情報を増やしたい方、会話力を高めたい方。日本語レベルは中~上級を想定していますが、集まった方々によって、ある程度調整します。講師の日本語をその場で全部聞き取れなくてもいいので、内容に興味のある方のご参加をお待ちしています。   ・講師(ファシリテーター)紹介 三浦史子(みうらふみこ) 山口県生まれ。芸術、デザインの理論と実践を学んだ学生時代から、カメラを手に世界各地に旅する。商業建築のインテリア企画設計職、文化・芸術関連書籍/雑誌の編集者、国際ジャーナリストのリサーチ・スタッフ等を経ながら、フリーランスで雑誌に記事と写真を発表する。アーティストや科学者、宇宙飛行士等、これまで数百人にインタビュー。また、テーマとして「文化の移動」に興味をもち、ハワイイの日系移民文化についての取材も。著書に、ルポ『フェア・トレードを探しに FAIR TRADE TRAIL』(2008年/スリーエーネットワーク)、和英対訳の語学書兼カルチャー・ガイド『英語で日本文化の本 The Japan Culture Book』(2015年、ジャパンタイムズ・刊)がある。   ・日時 2月13日(火) 19:00-20:00 交流会20:00~(お茶とお菓子をご用意しています)   ・場所 Impact Hub…

Find out more »

ティール組織―マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現 – Business Open Lab. –

February 14 @ 18:30 - 21:30
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
dXUiLM0aY7dTY6L1515723768_1515723782

「上下関係も、売上目標も、予算もない!?」 「メンバーそれぞれが自分で考え、自発的に行動できる組織とは?」 「メンバー・利用者の満足度が非常に高い?」   従来の組織マネジメントにも、世界中でイノベーションが起きています。私たちが当たり前だと思っている組織論の常識を打ち破って、圧倒的な成果をあげる組織が現れています。その膨大な事例研究から導かれた経営手法をまとめたのが本著です。 発売後またたくまに世界中に広がり、12カ国語・20万部を超えるベストセラーになり、現在も売れ続けています。そんな新しい時代の経営論として待望の一冊がついに日本初上陸! その1月の発売に合わせ、592ページという非常に読み応えのある本を、本著の解説を書いた嘉村賢州氏とともに3回に分けて精読します。   組織論の本でありながら、涙を流す人も多いという不思議な本。人が「組織」の中で知らず知らず失っていた自然や自分らしさを取り戻し、必ずこの世界に希望の光をくれます。そんな驚きとともに暖かさをくれる歴史的な名著だと嘉村さんは言います。 そんな発売したばかりの本著を参加者全員で学びながら、その圧倒的な世界を共有する歴史的な時間にしましょう! ▽本著紹介:「ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」(1/24発売予定) http://amzn.to/2FsLfzO ▽参考:オランダで急成長を遂げるTeal型組織「Buurtzorg」について、嘉村さんが解説した記事 http://bit.ly/2ATYoys ▽こんな人にオススメ! ・「ホラクラシー」はじめ、全く新しい組織運営に関心がある方 ・組織開発、経営分野に関わっている方 ・世界中の新時代の組織論を学びたい方 ・効果的な読書会や自主勉強会の場を開きたい方 ・ABD読書法に興味があって体験してみたい方 ▽この会の特徴 毎回、Active Book Dialogue(以下、ABD)というグループ読書法を使って、スタッフが今最も読みたい1冊の本を、集まった全員で力を合わせて約1時間で読破します。さらに、学びのエッセンスを対話しあうことで、感動や学びを共有できるという、大変ユニークで楽しい勉強会です。 ▽「ABD読書法」の特徴 ①「気軽」 ー 事前準備・事前購入不要。手ぶらで仕事帰りの勉強にぴったり! ②「チーム」 ー 全員で力を合わせ、短時間で読破します。買っても積ん読しがちな手ごわい本や、読書が苦手な人にぴったり! ③「感動の共有」 ー ファシリテーターが、本を通じた学びや感動を語り合う場を作ります。読書を深めるのにぴったり! ④「仲間」 ー 同じ本に惹かれ、同じ読書や議論の時間を共有できるので、仲間づくりにぴったり! ⑤「自主企画」 ー 1度体験すれば、自分達でも読書会や勉強会を開催できます。 以上の効果があるので、自主的に学びあえるコミュニティづくりにとてもオススメです。学校の授業で、自主勉強会で、職場でのビジョン共有などで使えるので、このABDの進め方を知るだけでもとっても便利です! 有志メンバーで無料マニュアルも作りましたので、関心ある方はこちらもどうぞ → http://www.abd-abd.com/ ●日時 第1回:2/14(水)18:30 – 21:30 開場18:00 第2回:3/14(水)18:30 – 21:30 開場18:00 第3回:3/28(水)18:30 – 21:30 開場18:00 *全回参加を推奨しますが、必須ではありません *進捗や参加人数によって回数は4月以降に増える可能性があります ●場所 Impact Hub Kyoto 京都市上京区油小路中立売西入ル甲斐守町97番地 西陣産業創造會舘(旧西陣電話局)2F HP: http://kyoto.impacthub.net/ ●参加費(各回の値段です) ・HUB会員:無料 ・一般:2,000円(飲み物、おやつをご用意します) *イベントをコメントつきでシェア頂くなど、広報をサポート頂けたら1,000円引きいたします ●参加申し込み https://goo.gl/forms/t4xV8Xn8pqyZ5hj33 ●定員 先着20名 ●主催 一般社団法人 Impact Hub Kyoto http://kyoto.impacthub.net/ NPO法人 場とつながりラボhome’s vi https://www.homes-vi.org/ NPO法人 京都西陣町家スタジオ http://www.nishijin-bic.kyoto/machiya/

Find out more »
March 2018

京都大学ワークショップ 地震の予知の実際と不確かさ、防災・暮らしにどう活かすか ~市民と科学者の対話から~【 参加無料 】

March 10 @ 13:00 - 17:15
Impact Hub Kyoto,
Impact Hub Kyoto
京都市上京区油小路通中立売西入る甲斐守町97番地, 602-8061 Japan
+ Google Map
IuMjayfOJt9GAxZ1516254718_1516254734

阪神・淡路大震災から23年。近年の東日本大震災や熊本地震などを通して、私達は災害には予測を超えた事態が起こり得ることを目のあたりにしてきました。自然環境においても社会経済においても刻々と変化する時代において、災害に関わる情報、知識、予測には「不確かさ」が常に伴い、その中で自らの命や暮らしをいかにまもってゆくかが、これからの私たちの大きな課題となっています。 地震の予測は「あいまい」「情報が怪しい」ではなく、最善の最新の科学でも予測できない不確実性があります。この現実を踏まえて、これまで国の政策も2017年11月に大きく動き、南海トラフでの巨大地震に関して、いわゆる予知ではなく、「地震が起きる可能性が平常時より高いようだ」といった情報が気象庁から発信されることになりました。一方、こうした情報をどのように防災に活かすかに関する議論は未だ緒についたばかりであり、今まさに、研究者、行政、住民をまじえて真剣に対話すること求められています。 地震リスクとそれに関わる不確かさにどのように向き合うのか、それを踏まえた対策を「コミュニティや地域」にどのように組み入れていくのかについて、科学と社会の両方の側面から多様な関係者の対話を積み重ね、様々なシナリオに基づいてそのあり方を検討していくことが必要です。 本ワークショップでは、最新の科学や政策の動きを紹介し、南海トラフ沿いの大規模地震の可能性をシナリオ素材として扱います。日頃接点の少ない、市民と、本課題に向き合い続けている科学者がどのような共通認識を持つ必要があり、どのような取り組みが求められるかについて対話を行います。それを通して、より良いリスクコミュニケーションおよび情報共有・学習の在り方を検討します。 ◇共催: リスクと不確実性に関わる研究 グループ(京都大学 清水美香代表) 京都大学防災研究所 橋本学研究室 自然災害研究協議会 ◇日程:2018年 3月10日(土)13:00-17:30 ◇会場:Impact Hub Kyoto 京都市上京区油小路通中立売西入ル甲斐守町97番地 西陣産業創造會舘(旧西陣電話局)2階・3階 *公衆電話の横からお入り下さい。(京都市バス堀川中立売下車、徒歩3分。アクセス詳細は、https://kyoto.impacthub.net/access/ へ。) ◇会費:無料 (自然災害研究協議会近畿地区部会の助成を受けています) ◇定員:先着20名程度 ◇対象:市民防災組織を率いていらっしゃる方、防災のあり方に関心のある市民、メディア(WS中の取材は不可、個人参加のみ)、学生の方々 ◇プログラム: 12:40~13:00 受付 13:00~14:10 対話セッション:不確かさと防災・暮らし~今の科学と新しい政策の動き~ 14:10~14:20 休憩 14:20~15:20 シナリオ1 15:20~16:20 シナリオ2 16:20~16:30 休憩 16:30~17:10 まとめと今後 ◇形式・方法: ○科学者が描く南海トラフ沿いの大規模地震に関わる2つのシナリオ(※ワークショップ全体を通して、内閣府の「南海トラフ沿いの大規模地震の予測可能性に関する調査部会」で検討されたシナリオに基づいて描きます)を踏まえ、参加者はグループに分かれ、科学者とともに対話およびワークに参加いただきます。 ○全体としてそれぞれのシナリオで引き出される課題を引き出し、より良いコミュニケーション・情報共有や学習の在り方、さらにコミュニティや地域での防災のあり方について検討します。 ◇登録方法: 京都大学研究ワークショップ事務局(kyotouniversity123@gmail.com)宛てに、 1.お名前、2.ご所属先およびお役職名を明記の上、メールをお送りください。

Find out more »
+ Export Listed Events