Generation Impact Fellowship(GIF)プログラムの一次選考通過者のリストが発表されました。アジア太平洋地域の9都市から約300名のイノベーターが参加し、各国から選ばれた数名が1年間のプログラムに進み、アイデアを実現させます。

5月14日、Impact Hub Asia Pacificは、パンデミックが流行する中、各都市のHubがそれぞれの活動を共有するオンラインのCommunity Dayを開催し、アジア地域全体の各コミュニティから参加者が一同に集まりました。また、Impact HubとBank of Americaが全国GIFの最終選考に残った企業のリストを発表し、祝勝する場にもなりました。

最終選考に残ったベンチャー企業のうち、24社がアイデア段階、14社がスケール段階にあり、28社が登録企業となっています。

国別Bootcampに進む選考通過者リスト(8名)

Yusuke Matsui / Canal Ando / Koki Uchiyama / Yuta Hamada / Youhei Asizawa / Mao Parr / Yoichi Nomura / Kei Nakayama

——————————————————————————————————————————————————————————–

GIFは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献する革新性ある持続的な事業を創出する個人を支援するための起業家プログラムです。このパンデミックの時代には、古くて新しい問題が表面化していますが、私たちはこのプログラムを通して、ソーシャルイノベーションのエコシステムが成長を続ける中で、より多くのステークホルダーが新しいアイデアを持ち寄り、社会課題を解決していきます。

SDGsの達成に向けてコミュニティをドライブさせる役割を担うImpact Hub Asia Pacificは、Bank of Americaとのパートナーシップのもと、このプログラムを主導しています。Impact Hubは、社会的影響力のあるイノベーターや起業家のグローバルなネットワークであり、各地域の複数の都市でその存在感を活かし、現代の課題に対する創造的な解決策を見出しています。

 

“私たちは、私たちが掲げるミッションを心から信じてくれるパートナーのおかげで仕事の多くが成り立っているのですが、その一つがBank of Americaです。”(Impact Hub Regional Lead for Asia Pacific ・Ces Rondario氏)

GIFに先立ち、Impact HubとBank of Americaは、プラスチック汚染など世界を悩ませている様々な環境問題に取り組む革新的なベンチャー企業を支援するため、「Hack the Challenge 2019」を開催してきました。今年のGIFは、17のSDGsのうち飢餓ゼロ(SDG2)、良好な健康と福祉(SDG3)、質の高い教育(SDG4)、清潔な水と衛生(SDG6)、手頃でクリーンなエネルギー(SDG7)、ディーセント・ワークと経済成長(SDG8)、不平等の削減(SDG10)、持続可能な都市とコミュニティ(SDG11)、気候行動(SDG13)の9つに焦点を当てています。

Melissa Moi氏(Bank of America, Head of Environmental, Social and Governance for Asia Pacific)は、「国連のSDGsの達成に向けた地域ごとの推進において生じる多くの課題に対して、革新的で実用的な解決策が求められています。このプログラムは、草の根に根ざした実行可能なアイデアを持つ人々に、これらのアイデアを実現するために必要なリソースと支援を提供するものです。」と話す。

この1年間のプログラムは、アジア太平洋地域の9都市(ジャカルタ、クアラルンプール、京都、マニラ、プノンペン、台北、上海、ワイカト、ヤンゴン)から、18歳から40歳までの若手イノベーターを育成することを目的としています。選ばれた参加者には、2020年9月に開催されるアジア地域の決勝大会で、現金5,000ドルと6ヶ月間のインキュベーション、2万ドル相当の賞金を獲得するチャンスが与えられます。そこでは、世界クラスのメンターシップに加えて、インパクトメーカーどうしのネットワークであるグローバルコミュニティへのアクセスが可能です。

「多くの場合、良いアイデアだけでは十分ではありません。現実世界の問題をスケール可能な形で解決するためには、技術的な支援、資金調達、指導、暴露、その他多くのリソースが必要となります。私たちBank of Americaは、その希望とともに支援する責任があるのです」とMoi氏は語っています。

 

 

hubkyoto