グラミン銀行創設者で2006年ノーベル平和賞受賞者のムハマド・ユヌス博士が京都の高校生たちと対話する教育プログラム「ユヌス博士と語り合うわたしたち高校生の未来」が、11月16日(土)にImpact Hub Kyotoで開催されました。

 ユヌス博士は著書『3つのゼロの世界』の中でImpact Hubについて紹介し、Impact Hub Dhaka(バングラデシュ)のボードメンバーも務めています。

参加した高校生たちは、一人一人が30日間「貧困とは何か?」について毎日問いをたててカードを作成したほか、5つのグループに分かれてグループワークを行うなど2か月に渡って準備を重ねてきました。当日は、その中で考えた問いをグループごとにユヌス博士にプレゼンテーションし、その問いをもとに、高校生と博士によるディスカッションがおこなわれました。京都大学総合博物館准教授の塩瀬隆之さん、大阪府立大学准教授のハナムラチカヒロさんの2人がファシリテータとしてディスカッションをサポートしました。

ムハマド・ユヌス博士
ムハマド・ユヌス博士
塩瀬隆之さん(右)とハナムラチカヒロさん(左)
塩瀬隆之さん(右)とハナムラチカヒロさん(左)

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生からは「貧困層と呼ばれる深刻な状況下にいる人々にとっての幸福とは何か」、「貧困層がどうすれば貧困の解決を望めるのか、富裕層の経済的負担なしに貧困を解決することは不可能か」、「自己表現を通じて貧困問題は解決できるか」、「ユヌスさんが貧困について一枚カードを書くとしたら」、「貧困を解決するには資本主義や社会主義、もしくはそれに代わるシステムいずれのシステムがよいのか」といった深い問いが投げかけられました。

ユヌス博士は、各グループのプレゼンテーションと質問に耳を傾け、「貧困はすべての国が通ってきた道であり、新興国と先進国という区別ではなく共通の歴史としてとらえるべき」、「貧困とは機会を奪う事であること」、「どこから貧困が来たのかを知ることがひとつの解決策だ」、「資本主義でも社会主義でもない新たなゲームをデザインすべきである」と応じていました。

高校生たちが1日1枚、30日間にわたって貧困について考えを綴ったカード

 

プレゼンテーションには円形の模造紙とレゴブロックを使用

 

プレゼンテーションの終了後、当日の準備からユヌス博士とのディスカッションに至るまでの模様を「リアルタイム・ドキュメンテーション」によって収録した映像を全員で観賞し、一日の動きを振り返ってイベントは終了。

締めくくりにあたり、ユヌス博士からは「まず、伝えたいことは、目的が先に来るのか、あるいはゲームが先に来るのかということ。既存のゲームが生み出している結果がとても醜いものであるなら、それを受け入れるなということが最初のアドバイスです。私たち自身が自分のゲームをデザイン、設計していけるのです。まずは、とても大きな絵を描きましょう。できるかできないかは、まず置いておいて。私たちはどんな世界を求めているのか仲間とじっくり話し合って、世界にほしい10個のことを書いたリストを作ってみてください。想像力というのはすさまじい力を持っています。もし想像できたらそれは起こる。皆さんの想像力が現実をリードします。ワイルドな非常に大きな想像を働かせましょう。」とメッセージが送られました。

高校生にメッセージを送るユヌス博士

高校生たちにとって、「貧困」という一つのテーマを仲間と考え続けた2か月間、そして、ユヌス博士と過ごした濃密な2時間は、忘れることができない体験して残っていくことでしょう。そして、いつの日か、彼の中から社会のチェンジを志すチャレンジが新たに生まれてくることでしょう。

impact hub kyoto