Sort by:

【開催レポート】 6/24-27 Impact Hub Global Gathering

今回は、6/24-27に開催されたImpact Hub の「Global Gathering」の参加レポートをお届けします! レポートを書いてくれたのは、参加メンバーの1人であり、HUBの運営パートナーであるNPO法人グローカル人材開発センターの行元沙弥さんです。それではどうぞ!     グローカルセンターが2018年4月からオフィスを移した、堀川中立売に拠点を構える「インパクトハブ京都」遡ること2005年。ロンドンにて社会・世界を変えたいと欲する人のために「自分自身の変革」から社会に持続可能なインパクトを起こすためにスタートしたチェンジメーカーのための活動拠点なのです。 今では世界に100の拠点を構え、京都は設立代表者浅井氏の尽力で6年前に設立。 LOCALに根差した「個人の活動」からなる世界。全体性としてGLOBALの動きをとらえるため、個々の事例から応用可能な知見や学び・ネットワークの共有の場として各拠点のファウンダーが集う年に1度のイベントに連携可能性模索のためインパクトハブ京都のメンバー(パートナー)として参加してきました。   2018年の開催地はカナダ、モントリオール。 草の根の活動を自ら実践し支援するファウンダーが世界中から集い、1人1人が成功体験や失敗、学びや知見をおしみなく共有。それらがオープンソースとなり全体の発展に貢献していることを実感しながら持続可能なインパクトについて対話を交わす。 全体を通して各々のLOCALに応用可能なプロセスや知見を持ち帰りまた、各々のLOCALで活動を加速させるという仕組みがとても有機的である。 何より、ファウンダーの熱意や志、それぞれがもつストーリーからの学びや気づきが活力となり、そのエネルギーが相乗効果を生みまた次の活動へのエンジンになる。   3日間のイベントは午前中はキーノート、午後は複数テーマでのワークショップという流れで、大切な問いとして共通認識を深める共通項の時間と各々の興味関心で過ごす時間のバランスが保たれていた。   ワークショップでは、コミュニティビルディングの在り方、SDGsへアプローチ、アートオブホスティングの重要性、ポリシーメイキングへのインパクトなどなどテーマは多岐にわたる。対話を通じた創発の中で、その地域におけるー私たちは京都―活動の発展の仕方、在り方までブレイクダウンする。地域は違えど、不変的で応用可能な知見や心がけるポイントはたくさんある。   グローカルセンター設立当時は、学生の就職や採用の問題を語るときにそこに当事者がいなかった。 働くにまつわる問題を語るときに学生だけ、大学だけ、経済界だけ、学生だけでは解決が不可能。 同じく、他の事柄についても当事者はもとより様々な背景を持つ方や知見を持つ方がいてはじめて複眼的にその問題を見つめアプローチできる。 世界といったときにいつもなんとなく頭に浮かぶイメージ画像が地球!という感じになるけれど、世界は地域(ローカル)の集積でできている。 そして、周辺地域や周辺国のみならず世界とたしかに繋がっているということに改めてアンダーラインを引くことができた。 そして、Person to personで話をして初めて、その国の形や地域が立体的に浮かび上がってくる。 あるワークショップの終わりに、こんな会話が交わされた。 「今回すべて英語で進行しているしコミュニケーションをとっている。けれど、これ自体もよりよい対話のためにまだまだ発展・改善の余地があるよね。」 「心地よい表現方法として、多言語にすることや、言語だけではなくてもっとボディランゲージとか絵とかいろんな表現方法で心地よい方法も模索していこう。」   「それぞれの国と人に文化と文脈があることを尊重して、活動する人を信頼して、コラボレーションをしよう。」 LET’S COLLABORATE.  … More

【開催報告】\ 出版記念限定イベント/ 企画のメモ技 実践ワークショップ in京都 ゲスト:高橋晋平さん

「一番大切なのは、自分の欲求だ。」   2018年6月28日、株式会社ウサギ代表取締役でおもちゃクリエイターの高橋晋平さんをお迎えして「企画のメモ技 実践ワークショップin京都」を開催しました。   高橋晋平さん(参照:Twitter) 高橋晋平さんは、2004年にバンダイに入社すると約10年間『∞プチプチ』や『瞬間決着ゲームシンペイ』など数々の大ヒットおもちゃの企画開発・マーケティングに携わりました。   『瞬間決着ゲームシンペイ』は小さいときずっとやっていたので、とても思い出深いおもちゃです。「シンペイ」ってずっとどういう意味なんだろうと思っていましたが、晋平さんの「シンペイ」だったんですね。長年の謎が解けました。   またやりたくなりました(参照:Amazon)   その後高橋さんは2014年に独立し、株式会社ウサギを設立。現在はおもちゃ開発だけでなく、アイデアを生み出す場づくりや執筆活動をされています。   さて、今回のイベントでは、高橋さんの著書『仕事で一生困らない企画のメモ技』で紹介された「自分の欲求を発見し、それを材料に企画を作る」を体験するワークを、高橋さん司会のもと行いました。   「なんで“自分の欲求”が企画するうえで大切なんだろう?」   高橋さんはワークショップの最初に、みんなが抱くであろうこの疑問に対して答えてくれました。 「昔は、ネットでバズるものを作ろうとしていたんだ。でも、ネットで騒がれても売れないものは売れない。」 「だったら自分に嘘をつかないで、『自分ならその商品を100%買う』と思える魅力的な商品を作った方がいいよね。」 「それに、企画を商品化するには大勢の人を巻き込んだり、上司の承認が必要だったりと大変。自分の欲求から始まっていると、その壁を乗り越えられる。」 落語研究会に所属していた高橋さんの話術に引き込まれます   そんな高橋さんが、「ゲームがあまり好きでない奥さんとゲームがしたい」という自分の欲求をもとに作った商品が「グーチョキパーダラピン」。「グーチョキパー」で戦うことが常識のジャンケンを、「ダラピン」を加えた5種類の手で戦うよう改変したゲームです。 グーチョキパーダラピン(参照:高橋さんアメブロ)   奥さんでも出来るように、“一分でルールを覚えられる”点にこだわったそう。   私は、みんながゲームをしている中には混じりたいけれど、ルールをなかなか覚えられないタイプ。「このゲームなら、すぐに溶け込めそう!」と嬉しくなりました。   「欲求を追求することが、他の人の別の欲求を叶えることになる」   ということを納得できた一場面でした。   その後は、自分の素直な欲求を書き出していく「ネタ帳作り」。自分の欲求と既存商品・サービスを組み合わせる「かけ合わせメモ」。何を・誰に・いくらでのバランスを考える「三角形メモ」。のワークに参加者全員で取り組みました。   ちなみに私の欲求は「朝起きたい時間にさわやかに起きたい」でした(二度寝常習犯)   参加者の皆さんは同じテーブルのメンバーと「こんなアイデアどうだろう」「もっとこうした方がいいんじゃないか」と言葉を交わしつつ、企画をどんどん良いものに。… More

【開催報告】6月30日第4回目「レジリエンス・ダイアローグ 〜この惑星に生きる作法〜」

6月30日は、「レジリエンス・ダイアローグ 〜この惑星に生きる作法〜」第4回目の開催でした。 講師は、発酵デザイナーの小倉ヒラクさんと、芸術や精神性を通した社会変革の研究者・熊倉敬聡さん。味噌づくりワークショップに加えて、参加者で味噌づくりの歌とともに、踊りを踊ったりするシーンも。   参加者との対話などでは多岐に渡って様々な話が出ましたので、ここでは、印象的だった言葉をのせてみます。 西インドあたりで東西の発酵文化のラインが分かれている。微生物の発酵の傾向が違う 日本を含む東の発酵のプロセスは、チ ーム戦。 東の発酵文化は、いろんな微生物のバトンリレーで、西の発酵文化は、1段で終わる。 アフリカは納豆を食べるし、魚醤もある。これは複雑系の発酵文化である。 味噌づくりでは、ミネラル豊富なこだわりの塩を使うと、味のバランスが崩れる。 パンの役割は、主食だけじゃなくて皿である。遊牧民にとって、皿の持ち運びが大変だったから。 人間は直立するようになって、喉が広がり、歌えるようになった。つまり、はじめから歌おうと思って歌い始めたわけじゃない。逸脱や遊びが生まれて生物は進化する。 人間は象徴的な何かの造形物を作ることで、直接対決を回避していた。今の社会に必要な、象徴的なサステナブルなものを作るのがアートの役割ではないか。 あえて効率の悪いことをすることで、コミュニケーションが生まれて、持続可能性が高まる。 どんなに無機的な活動をしても、自然の中の一部からは抜けない 雷が落ちると豊作になるのを昔の人はわかっていた。空中に浮いている窒素を土にねじこむ。墓の御影石が避雷針になるから、あえて田んぼに置いていた。 なぜ日本には場のメカニズムが発展させることができたのか?それは、日本の田んぼは水を張りっぱなしで、そこに微生物が多く住んでいたから水田の持つ複雑性が、僕らの世界観に大きな影響を与えている  ルターは、「宗教改革音頭」を作って、踊って伝えた 麹を何回か作っているうちに、麹の声が聞こえるようになる。昔の日本人には、違う感覚を開けるチャンネルがいくつか社会にあった。 日本の連歌は、個人ではなく連続性の中にある。当初の歌いはじめの目的から、到着点が変わっている 能は途中から誰が主体かわからなくなる。盛り上がるときは主語が消えていく。個人が喪失して風景の話をする。 日本語は、場や展開に応じて変容できる言語。場を大事にしている。 古事記には、「カビ」という神様の名前が多い。「牙」(かび)。口の中で噛むと酵素がでる… More