Sort by:

【イベント開催報告】古代シュメールからの叡智「数字」を自分らしい生き方、より良い人間関係に役立てる〜一生使える数秘術講座 初回体験会〜

今回は、HUB会員である数秘術師の岩城るり子さんの数秘術体験会の開催レポートです。 単なる数字や生年月日で、なぜかその人の本質、キャリア、才能、人生のテーマなどが読み解ける、という数秘術。 なかなかにわかに信じられない人も多いでしょうから、今回はドネーション制の体験会を開催しました。これが意外と人気で、予想以上に多くの方にご参加いただけました。 信じる信じないかよりは、出てきた言葉をヒントに、自分や相手の理解と選択に役立ててもらえたらいいなと思っております。   参考までに、ある女性参加者の方の声を載せておきます。   けっこう前向きになれました。占いって感じじゃなかったです。より自分が生きやすくなるためのメッセージを言ってくれている気がしました。「占い」って聞くと抵抗がある人がいるかもしれないですが、そっと背中を押してくれる感じ。アドバイザー的な感じ。 今は悩んでいないけど、よりポジティブに生きられるものだと思う。 「当て物」というものではなくて、受けたらよりわかる感じです。これを受けて損はないかなと思いますよ。 自分が「こうだろうな」となんとなく思っていたこともあるけど、より明確にわかった感じです。「人に伝える役割」だと予想外に言われました。言葉を大事にすること、自分に正直に生きるとか、自分自身がハッピーなことを伝えると、より伝わるタイプだというのがわかりました。 (30代女性) 初級講座も募集しておりますので、興味のある方はご参加下さい    … More

【イベント開催報告】“Fototaxia -失われた軌跡を求めて”- ブラジルの写真家、ミゲル・チカオカと”光”に触れる=「視る」ことの本質的体験

6/30には、ブラジルより写真家のミゲル・チカオカさんをお招きしたトークショーを開催しました! ミゲルさんは、植物や野菜の絞り汁で焼き付けたり、電気も薬品も印画紙も使わない原始的写真技法「アンソタイプ」など、すべて身近にあるものから自分たちでゼロから手づくりできるカメラを作り、「光を視る、感じる、知覚する」というワークショップを学校・公共施設などで行ってきました。 ミゲルさんは、Fotoativaという写真家たちのグループをたちあげ、住人が少なくなり治安も悪化しつつあったアマゾン川河口のベレンという都市も、写真というツールをつかってそのコミュニティを魅力ある場所に変えていきました。 その活動が評価されて、ミゲルさんはブラジルの文化勲章を受章したのだそうです 「今の川の状態は僕たちの責任である」というミゲルさん。 光や水など大事なものを守るために、この写真のワークショップを通して、川を再生していく。 芸術表現としてだけの写真ではなく、社会を再生していくための写真という手段について、大変示唆のあるお話をしていただきました。 サプライズで、ミゲルさんのために馬場優果さんが歌ってくれる演奏もありました!… More