Sort by:

【「共感のカタチ」のご報告】

自分のプロジェクトを自身が大切にしているところから整理し、具体化への道筋を形作り、 それを発表して他の参加者からフィードバックを得ることでプロジェクトを磨いていく プロセス「マイプロ」。   6/16(火)には「フューチャーコラージュ」の手法を活用して自身の振り返りの時間にしました。 私たち企画・運営側も事前に準備して大量の雑誌やチラシを集めました。 そして、「共感のカタチ」実施中に参加者がそれらの中から直感的に注意がいったもの、 手に取ったものを抽出して切り貼り! まさに自身の内にある「想い」や「未来」をカタチにすべく、いつもよりも多く手先の作業に 取り組む時間を割きました。   おかげで、頭もスッキリ、身体もスッキリ、そして未来に向けた自身の展望もこれまで以上に 明確になった時間となりました。   また、参加者同士が自身のコラージュの結果を共有する際も普段なら言葉での説明であり、 相手に実感を持ってもらえるような伝え方ができないケースがある人も、今回は絵や図を 盛り込んだ表現でしたので、相手にも伝えやすかったでしょうし、何よりも自分自身に対して どのようなイメージを持っているのか、どんなところはイメージと実態、実際の活動との間に ズレがあるのか、これまで以上に認識しやすかったようです。 当日のコラージュをImpact Hub Kyotoの「いまここ市場」スペースに貼り付け、自身の想いを 表わしている人も。 今回はいつも以上に自分の振り返りと、その結果を広くシェアしたいとの思いが強い感じです。   この効果については企画側も手ごたえを感じるものがありましたので、これからも定期的に この手法を活用した振り返りは実施していきたいとの意見もあがっていました。   これからも毎月のペースで実施していきたいと考えている本企画、「共感のカタチ」。 また開催の日時が確定しましたらお知らせします。 次回の機会にはぜひご参加ください。  … More

【6月第3週のご報告】

夏を彩る祇園祭のお囃子の練習が始まりつつある京都。 7月に向けて徐々に気持ちを高めていくこの時期。 Impact Hub Kyotoでも密度の濃い一週間となりました。   たくさんの方々にお越しいただいた、6月3週目の活動は次の通りです。     6/15(月) 英語で学ぶ古武道  6/16(火) 共感のカタチ  6/17(水) Community Gathering  6/18(木) Noh Theatre x Impact Hub Kyoto  6/19(金) HUB Drinks   今週はImpact Hub Kyotoの定例イベントが開催され、長いお付き合いのあるHub仲間が集いました。 また、今週も「能」に関する企画が2日続けて実施されましたのでImpact Hub Kyotoらしい、 日本(京都)に以前から伝承されてきた芸能にもまたスポットを当てなおしたいと感じる週でした。   まず、火曜日の「共感のカタチ」では「フューチャーコラージュ」の手法を駆使して、自身に 起こしたい「未来」の展望を描きました。 言葉での「想い」の伝達には普段から挑戦している参加者も、絵や図を用いて相手に「想い」を 伝える時の伝わりやすさ、そして自身の想いの再認識には驚きと発見があったようです。 自身の見直しに限らず、普段のコミュニケーションやプレゼンテーションにも活用いただけると ありがたいですし、企画側としても定期的にこの手法は実施したいとの想いがあがりました。… More

【「音楽と対話の夕べ vol.6」のご報告】

5/24に開催された、「音楽と対話の夕べ」。 毎回Impact Hub Kyotoで愉しくも意味のある、ユニークな会を開催いただいています。   今回はミュージシャンのkozuさん、そしてImpact Hub Kyotoにも関わりを持っていただいて いる嘉村賢州さんが近々海外へ渡航されることもあって、彼らの出発お祝い会も兼ねた 場として催されました。   普段以上にkozuさんや企画者の中野民夫先生、また嘉村賢州さんと関わりのある方々の 参加もいただき、賑わいを見せていたImpact Hub Kyoto。 当日参加のパフォーマーたちの演奏も場を盛り上げたようです。   そこで、今回はkozuさんからも会を実施した感想をいただきましたので、ご紹介します。    このイベントでは毎回、「自分であることと響き合うこと」をテーマに「対話」と「音楽」で参加型の  場を作っています。ありのままの自分を表現すること、それは同調圧力の多い社会の中では  意外に難しいことかもしれません。自分自身を見つめ「対話」や「音楽」で表現する、そしてそれを  互いに聴き合う中で、一人一人の感性が開かれ、互いに響き合っていく、そんな場を目指しています。    第6回目の今回は、呼吸で身体を整えるワークに始まり、対話、リズムセッションなどを行い、  参加者全体でグループを組みながら、五感を使った様々な表現を体験しました。また個別の  パフォーマンスの時間では、大学生の方が弾き語りに挑戦。気持ちのこもった演奏に場が温まり、  とても印象的でした。後半のパーティではおいしいお食事をいただきながら、様々なパフォーマンスと  参加者同士の交流を味わい、和やかな時間となりました。   能舞台が魅力のImpact Hub Kyotoとしては、この能舞台を固定観念にとらわれずに最大限活用して ご自身の内にあるものを表現していただく、これをひとつの喜びとしています。 今回参加くださったみなさまがこの場を上手く活用いただいたとともに、この場で得た感覚を普段の ご自身の活動にも当てはめて、次のステージへと進んでいくことに関われるのは嬉しい限りです。   普段出しきれないものがあるからこそ、非日常の場と機会を提供していきたいImpact Hub Kyoto。… More

【6月第2週のご報告】

夏を彩る祇園祭のお囃子の練習が始まりつつある京都。 7月に向けて徐々に気持ちを高めていくこの時期。 Impact Hub Kyotoでも密度の濃い一週間となりました。   たくさんの方々にお越しいただいた、6月2週目の活動は次の通りです。     6/8(月) 英語で学ぶ古武道  6/9(火) Bob Stilger氏 出版記念パーティ  6/10(水) あらたならわし  6/11(木) BePeace Japan プラクティス  6/11(木) HUB Sophia  6/11(木) Inspire Me!  6/12(金) BePeace Japan プラクティス   今週は各種公開イベントが企画され、Impact Hub Kyotoへの一般来訪者の数も 普段になく多い週でした。   まず、火曜日にはImpact Hub Kyotoの立ち上げ時から関わりを持ってくださった Bob… More

【6月第1週のご報告】

京都でも梅雨入り宣言が発表された6月の第1週。 ジメジメした気候に影響されて湿った気分になる前に、物事をスッキリと進めて時間や仕事量の 貯金を作っておきたいところです。   前月の盛り上がりから気持ちを切り替えてスタートした、6月1週目の活動は次の通りです。    6/1(月) 英語で学ぶ古武道  6/3(水) Sexy Salad  6/3(水) 能楽ワークショップ(関係者限定企画)  6/4(木) Noh Theatre x Impact Hub Kyoto  6/7(日) 経路治療研究会   5月にはお休みをいただいていた「英語で学ぶ古武道」をはじめ、定例の「Sexy Salad」と Hubの定番イベントからペースを作り始めた今週。 それでも「英語で学ぶ古武道」はクラスの内容は変更をかけていませんが、みなさんに 参加いただきやすいよう、参加形態や料金設定などを少し見直しています。 今月末には朝ヨガのクラスも計画中。楽しみです。   また、水曜日と木曜日にはそれぞれ能の学びの機会が設定されました。 折しも6/1と6/2には平安神宮で薪能が開催されたばかり。 Hubの場がイキイキする、こんな機会をさらに増やしていきたいと、両イベントの企画者の 方々とお話しを交わしました。   これまでになかった企画もカタチにしていきたいImpact Hub Kyoto。 これからの変化と活動もお楽しみに!… More

【「Money & Life上映会・トークイベント」のご報告】

4月中旬から企画と準備を進めてきた本企画、「Money & Life」上映会・トークイベント。 事前の参加申し込みの状況からも、参加者のみなさまの期待度の高さもうかがえました。 それゆえに今回のイベントはこれまでにないほど何としても成功させたいイベントでした。   当日の様子は次のムービーにまとめました。   今回ご参加いただいたみなさまは、もともと「お金」や「経済」、「仕事」について、興味や疑問、 そしてご自身のお考えをお持ちである様子が伺えました。 したがって、上映中のみなさんのまなざしは真剣であるとともに、ご自身の考えを照らし合わせて 確認や意見の再構築をなさっていたのだと思います。   それが、その後のトークセッションや質問タイムには意見や質問として参加者からも積極的に提示され、 参加者と映画監督のKatieさん、またImpact Hub Kyotoの運営担当者など、相互の意見・感覚の 交流とともに視野やつながりの広がりに結びついたことと思います。   これまでのイベントと比較しても、圧倒的に場の熱量、参加者の熱い想いが集っていたと思われた 今回の「Money & Life」上映会・トークイベント。 映画監督のKatieさんも今回の企画をとても気に入ってくださり、また機会があれば開催したいとの 感想もいただきましたので、私たちとしてもこうした企画を再設定できるのを楽しみにしています。   また、参加者の方々から「自分たちでも上映会を実施したい」とのご要望もいただきました。 Katieさんも、私たちの企画の協力団体の方からも前向きに検討をいただいていますので、 ご要望をいただいたみなさまには追ってご報告申し上げます。   参加者が主体となり、ワクワクするイベント、素敵ですね。 これからも有意義な企画の策定と実施に尽力してまいります。 これからのImpact Hub Kyotoの展開もお楽しみに!  … More

【5月第4週のご報告】

大型イベントを多数実施してきたこの5月。そしてさらなる大型イベントを控える6月。 その間に当たるこの5月4週目は5月の総括と6月の準備に充てたい期間でした。   普段のImpact Hub Kyotoの状態を整える期間とした、5月4週目の活動は次の通りです。    5/30(土) 未来を描くスペシャルトークライブ  5/31(日) home’s vi 交流会   今週は平日にはイベントを組まず、今後の活動やイベントの運営と準備について、 これまで以上に上手く運営していくことをチームメンバー内で共有する時期でした。 これまではその時、その場の対応に注力してきたImpact Hub Kyotoチームメンバーでしたが、 今後は先々のことを見越した、事前の計画構築と準備にも重要性を見出して力を注いで いこうと考えています。   ということで、今週の2つのイベントはImpact Hub Kyotoとしては会場の貸し出し対応を させていただいたのみで、イベントの企画と運営はそれぞれに実施いただきました。 ここのところ、Impact Hub Kyotoが企画や運営に関わらなくともHubの場を上手に使って いただける機会が増えてきて、チームメンバーとしても嬉しく思っています。   また、イベント参加者のみなさんがお喜びいただいた様子をFacebook等で拡散していただき、 とてもいいサイクルになってきている実感があります。 今回の利用者、参加者のみなさまも含め、これまでImpact Hub Kyotoをご利用いただきました みなさまに対しましても改めてお礼申し上げます。 いつもご支援とご理解をいただきまして、ありがとうございます。   今後のよりよい展開と状態に向けて尽力を続けるImpact Hub… More